2005年12月14日

ブログバトン

サイトのお手入れ中なので、プロフィールやなんかを整理していたついでにブログに散乱していることもどこかにまとめておこうと考えていました。
ちょうど良いところにGOOD TIMINGなバトンが落ちておりましたので、拾ってそのままゴールしたいと思います。(fuimeiさん、無断でいただきました…)

Q1. あなたのブログの説明をどうぞ(テーマ 内容)
テーマ?!大そうな理由はまったくないのですけど、あえて言うなら“思いついたことは何でも書き残しておこう・・・”でしょうか。
なので内容も雑多です。移り気な性格なので、時期によって記事の内容に偏りがありますし。基本的に、音楽や映画、舞台、DOLL、写真ついてのものが中心です。

Q2. ブログタイトルの由来は?
読み方は“オモウソラ”。和歌でよく詠まれる“思う空”からつけました。
前に書いたことの繰り返しなのですが、“思(想)”には、心に浮かべる、願い、慕う、恋するという意味があって“空”は心を表現しています。
古風で深みがあり、透明感と伸びやかな印象の文字&音だったこと、空は世界中の人たちが共有しているものの一つだということ。 昔の人の素直で優しい感性にあやかりたいという気持ちでつけました。ま、そういう感じの由来です。

Q3. ブログを始めたきっかけ、動機は?
それまで使っていた日記のサーバがいっぱいになってしまったので、他のものを探していてブログを知りました。
1日で書きたいことが1つではないことが多かったこと、日記的なこと以外にも使えて、かつ日々更新しやすい。書く量も多かったのでブログの方が適しているかも・・・ということで始めてみました。

Q4. お使いのブログサーバーを選んだ理由は?
カスタマイズが楽。他のも使ってみて、サイドバーの設定などがラクチンだったのが決め手です。
毎日の更新となると中心はテキスト打ち込みなので、その点の使いやすさもポイントが高かった。書いていて消えてしまうとショックで立ち直れないので、基本はメモ帳で文章を作成、添削してからコピペなのですけどね。
始めた頃はプレビューやデータ修正もサクサクでしたし。今は時々重量級の時があるので、そういうときはムムム・・・。でも総体的に気に入っています。
テンプレートの種類は多くないのですが、知識さえあれば作り変えられるので、本気になったら自分の好みに合わせて変えればいいか・・・と。だからその辺の使いやすさも考慮して選びました。

Q5. ブログを始めて良かったことは?
単に自分のホームページをやっているだけでは出逢えなかっただろうなというくらい、ブログを始めてからお知り合いになれた方がたくさんいます。
BBSよりもコメントがしやすいということもあると思いますが、私の書いたことに対しての感想がダイレクトに聞けるというのは、とても勉強になりますし励みにもなります。
書くことで自分の気持ちを再発見したり、様々な方の意見に触れられるのでとても刺激になりますね。

Q6. 反対にブログを書いてムカツクことは?
寝たら忘れる性格なので、その時カーッときても残りません。
元々サイトを持っていたことも良かったのかも。多少のマナー違反的なことなら流せるようになりました。
が、私も人間ですのでカチンとくることはあります。そういう失礼な人に対しては、大人の対応で返していきたいと。私のテリトリーに入ってくる以上、言うべきことはキチンと釘を刺しておく。これは自分の中の決め事として徹底するようにしています。私の世界ではありますが、来てくださるお客様と共有したいと思っている部分を土足で汚されたくないですから。

Q7. 好きなブログ
たくさんあるので挙げるのは難しいです。うーん・・・どこか挙げないといけないなら、自分のブログが好きということで(笑) (勝手に紹介して迷惑かかっちゃうと申し訳ない・・・。何が起こるかわからない世界ですからね。ネット社会は)

同じ事柄を話題にしていても、書き手の個性で色々な視点が見えてくる。そこが個人ブログの面白さだと思うので、私は常に+@な魅力が感じられるサイトが好きです。
たとえばテキスト中心のサイトですと、文章を書くのが得意な人、苦手な人、様々いますが、大事なことはそこに自分の目線があるかということだと思っています。
プロではないからこそ、飾らない言葉の中に色んな気持ちが詰まってるんです。或る意味、本や新聞を読む以上に、たくさんあるブログの中から発見することに、いつも刺激を受けているばかりです。
自分が書く文章もそうありたいと思っていますし、書かれている文字以外のところからも何かを感じられる自分になりたいです。

Q8.バトンを渡す人
ゴールのつもりですので、次に渡す人はNothingです。
もしかすると、まだ落ちているかもしれないので探してくださーい。
posted by USA at 22:14| Comment(5) | TrackBack(1) | シリーズ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜。
ブログタイトルは“オモウソラ”だったのですね〜。
勝手に“しぁんこん”だと思っていました。
いつもUSAさんの文章には感心させられるのですが、
ブログタイトルの由来もすばらしいですね〜。
Posted by mocha! at 2005年12月14日 23:46
私も、ブログタイトルに反応させていただきます。
私は、勝手に日本語中国語ごっちゃにして
「しゃんくう」と読んでました(笑)
自分では混ぜている気など全くなく、今思えば、そんなタイトルあるわけないな〜と。
中途半端に日文中文混じりの生活をしているせいで、漢字の読み方書き方などかなり脳みそが弱っておりますの。

USAさんのブログも、USAさんの目線が感じられて、いつも楽しみにしています。
バトン受けとっていただいてありがとうございました。


Posted by fuimei at 2005年12月15日 09:09
>mocha!さん
こんにちは。“想空”の中国語読みはあながち間違いでもないんです。
訓読みにするとどちらの文字でも“オモウソラ”ですのでどっちでもよかったんですけど、
音読みの“ソウクウ”中国語読みの“xiang kong”どちらも綺麗だなと思ったので、
漢字を“思”ではなく“想”にしたんです。
だからmocha!さんも正解なんですヨ。

>fuimeiさん
中国語読みと日本語読みが混ざるって羨ましい・・・
やはりその土地で暮らすと自然に馴染んでいくものなんでしょうか。
思考などがその国の言葉になってくるのは語学が上達するときなのだそうです。
耳から入る音が一番大事なのは語学も音楽も同じなので
私もその日を目指して毎日中国語を聞いています。
耳には多少自信がありますが、語学にはかなり自信がないため道のりはまだまだ長いです。何しろまだ“メイヨ〜ゥ”の段階ですから(笑)でも楽しいですよね。

由来って自分の納得してる理由でしかないので、敢えて書き出すことってあまりなのですけど、知ってもらえると嬉しいってところがあるので、いい機会をもらえてありがたかったです。
Posted by USA at 2005年12月15日 20:16
再び登場。

その土地で暮らしていても、語学が上達するものではないと思います。
やはり、自分が積極的に聞いたり、話したりしないとね。
私なぞ主婦は、日本人社会に生き、買い物もスーパーばかりだと、中国語を使うことなどなくても生活できてしまうのが現実。
日本人の多い会社で通訳がつくようなサラリーマンも、同じような感じだと思います。

耳から入る音、これはとても大切だと実感しています。
即効性はありませんが、積み重ねってあるんですね。
歌を覚えると、間違いなく、単語は覚えますね。でも、中国語の場合、声調が合ってないと実際の会話ではなかなか通じないのが難点です。でも、歌で覚えた単語は、会話の中で聞いたらわかるから不思議なんですよ。

私もまだまだ勉強中。
しかも、広東語の世界にまで足踏み入れちゃって、つるつるの脳みそなのに、どうしましょって感じです。
Posted by fuimei at 2005年12月15日 21:57
続けることこそ一番大切なんですよ〜
“三日坊主も何度も繰り返せば坊主じゃなくなる”が私のモットーですから。
挫けてもまた三日坊主して、ある日出来るようになったらノリノリになる。
単純な性格のお陰で、出来るようになったことがいくつかあります。

fuimeiさんも広東語に挑戦されてると知って、
「私も負けていられないわ〜!」とやる気になってきました。
Posted by USA at 2005年12月16日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログバトン
Excerpt: 周杰倫とイマドキの台湾音楽を聴く  のすみれさんより、ブログバトンいただきました。 『強制じゃないけど全員にスルーされたらマジで泣く(笑) 』とかかれていたので ほっておけないタイプの私として..
Weblog: アジアの日々〜上海より〜
Tracked: 2005-12-15 09:11