2009年04月11日

リベンジ図書館

p-389.jpg木曜日は悔しい思いをしたので、今日こそはと気合いを入れて10冊借りてきました。
江戸の終わりから明治ぐらいの日本旅行記が読みたくて、いろいろと調べて行ったのですが、他館の書籍だったりして実際に借りられたのは2冊だけ。ほとんど文具関係の本ばかりになってしまった。
またも半分ぐらいはすぐに読み終わってしまうビジュアルブック的なものです。本屋さんに置いてなかったので、どうしても中身を見てみたくて(笑)
ざっと見ただけですが「スクラップ帖のつくりかた」は面白かった。わたしも子どものころ、同じことしてたよ〜。今も似たようなことしてますが、やっぱり懐かしいです。あとは、お手紙やフリーペーパーのアイデアみたいな内容とか。「フリペの楽しみ」も、子どものころ家族新聞とか作ってたりしたので、なんか懐かしくて借りてしまいました。内容はまだ見てないんだけど・・。
万年筆クロニクル」は思ったより重厚な本だったので、ちょっとビビってます。GWに向けて真剣読書ですかね。

2009年より読書の感想は、本サイト「USA STREET」にて更新しております。
posted by USA at 17:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。