2004年12月24日

西のトールキン、東の金庸

ずっと迷っていたチャンネルNECOへの加入、決めました。
1月から『射雕英雄伝』を放送するんですよ。わ〜い♪この作品は金庸の小説『射雕英雄伝』を原作に忠実にドラマ化したもで、中国でものすごくヒットした作品だそうです。
前から見たかったのですが、レンタルショップにはなぜか1巻がなく2巻から5巻のみ店頭にならんでいました。最初から見なきゃ意味がないので未だに見られずだったのです。それが完全放送となれば観ないわけにはいきません。
逆にまったく見なくなったタカラヅカスカイステージを解約することに。これでまた一つ宝塚とのつながりが減ります。なんだかなぁ。。
※雕の字は正しくは周+鳥

ドラマも放送してくれるのなら『グリーン・デスティニー』も放送してほしいなぁ。映画版『グリーン・デスティニー』はエピソードが細切れでラストもイマイチ好きではなかったので。やはりドラマは見たことないし、映画とは違う展開だと聞くと見てみたいし。映画と合わせてババーンと放送してくれないかしら。いっちょリクエストしてみるべ。

射雕英雄伝 射雕英雄伝 グリーン・デスティニー グリーン・デスティニー電視版
posted by USA at 00:07| Comment(1) | TrackBack(4) | 武侠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宝塚で金庸の小説を舞台化して欲しいなと思います。笑傲江湖と神雕侠侶!
Posted by 優しい味わいのスープ at 2014年09月12日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1378246

この記事へのトラックバック

金庸の武侠小説 (1)
Excerpt: 金庸の長編小説「鹿鼎記」全8巻を読了しました。 徳間書店から1996年10月に初日本語訳「書剣恩仇録」第一巻が刊行されてから、2004年3月「鹿鼎記」最終巻が出されるまで、延べ7年半をかけて、長編1..
Weblog: Tomotubby’s Travel Blog
Tracked: 2004-12-24 02:08

金庸の武侠小説 (2)
Excerpt: 査良ヌというジャーナリストの人生の中で、金庸という作家の時間は、まるで計算されたかのように始まり、断筆とともに終わります。31歳から48歳という限られた時間に集中して膨大な作品が書かれたのです。Tom..
Weblog: Tomotubby’s Travel Blog
Tracked: 2004-12-24 02:08

射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)
Excerpt: すべてのカンフー映画に影響を与えた金庸原作ドラマをチャンネルNECOで放映!
Weblog: 射雕英雄伝/チャンネルNECO
Tracked: 2004-12-28 09:28

『射濶p雄伝 1 砂漠の覇者ジンギスカーン』
Excerpt: 武侠、という言葉は知ってる? 「武」は武術の「武」。 「侠」は侠客の「侠」。 簡単に言うと、武術をおさめた侠客とか、侠気のある武人、という事になるかな。たとえば『水滸伝』に出てくる梁山泊..
Weblog: 手当たり次第の本棚
Tracked: 2005-03-12 13:56