2006年07月20日

胸キュンバトン

は・・・はずかしい(笑)
そりゃ妄想族ですけど、、改めて振られるとこの恥ずかしさは何なんでしょうか。。。一種のバツゲームに近いものを感じます(笑)
「Anemone Diary」のチチカカさんからいただいた胸キュンバトン、一気に行きたいと思います。

【Q1】 胸キュンするポイント
声…かなぁ。自分がうるさいので、落ち着いた低めの声にドキドキします。男女問わず。

【Q2】 憧れの胸キュンシチュエーション
* 外は雨。ステレオから“ノクターン No2”が流れてて、レスリーと私は言葉なく部屋の端と端に座ってる。遠くを見てるレスリーの横顔を私はそっと眺めてる。
とか…。
距離がある方が自分自身は落ち着いてるけど心は苦しい気がします。近くにいるのに遠いとか、相手を思うと胸が痛い、っていう感じの。

【Q3】 胸キュンする言葉
そんなん、その瞬間じゃないとわかんない〜何でしょうね。
言葉が出てこないシーンの方がズキッとくるんですけど、、、
「・・・・・・」
ってことにしときます。(衝撃で言葉が出ないってことよ)

【Q4】 聴くと胸キュンしちゃう曲
王力宏の“此刻、你心裡想起誰”“第一個清晨”は聴いてると泣きたいような幸せなような、そういう切ない気分になります。声とメロディがそうさせるんですよ。隊長は意地悪です。
ジャズだと“I'm getting sentimental over you”“Sleepy Lagoon”は感情移入してしまって切なくなるかなぁ。。。

【Q5】胸キュンする5人
5人もいるだろうか…。レスリーくらいしか思いつかないんだけどなぁ。
特にメロドラマ系のレスリーは反則。わかっててやってるところが悔しい(笑)
実在の人物でなくてもいいなら「ときめきトゥナイト」の俊。小・中学校時代、一番好きな男の子は俊でした(笑)
あ、「新撰組!」の沖田総司やってた藤原竜也くんには懐かしいようなトキメキ感を味わった。
それと、祐飛さんと堂本光一くんが似ていると一時期言われ続けていて(確かWSSくらいの時期だったかと)、全然興味がなかったのに気にして見始めたら光一くん贔屓になってた。これらも一種の胸キュンということで(笑)
あとは…わからん。思い浮かばない…。まだ見ぬ誰かのために一人だけ空けておきます(笑)

【Q6】今まで生きてきた中で一番の胸キュンは?
そんなんわからん〜
ドラマや映画を見てて胸キュンってのは少なくて(ほとんどない)、音楽聴いたり本を読んだりしてる時の方がズキンときます。妄想の方が胸キュンしやすいってことでしょうか(笑)

* 「射雕英雄伝」
黄蓉(こう・よう)を物乞いの男の子だと思い込んでる郭靖(かく・せい)が、彼女のためにお菓子を持っていくんだけど、そこには美少女のお蓉がいて、彼女が食べようとその包みを開けるとお菓子はバラバラになってるのね。
「もう食べられないね」って靖さんが捨てようとすると「私のために持ってきてくれたんだもの。大切に食べるわ」ってパクッと一片食べてからその包みを大事にしまうんです。
お蓉が男でも女でも大切に思ってくれる靖さんの真心に感激した様子、靖さんに対する思いやり、そういうのが見られてとても好きなシーンです。
・・・・・ってのが今パッと思いつきました。

【Q7】胸キュンに名前をつけるなら
音なき痛み。
胸キュンってすごくピッタリなネーミングですよね。つけた人上手い!

【Q8】 胸キュンした時に心の中でする音は?
音なんかしてるかなぁ。音はない気がします。
重くて鋭いもので刺されたような痛み(刺されたことないけど…汗)がします。

【Q9】次に回す闘士5人
確かに、このバトンにチャレンジする人は闘士だな。
では数々の明星に胸キュンであろう方々、もしよろしければ、よろしくお願いします。
コメント欄でもOKです。
この拷問にも似た緊張感に耐えてみせようじゃないか、という勇気ある戦士よ来たれ!
posted by USA at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。