2013年04月28日

伊東屋がやってきた!

p-634.JPG

グランフロント大阪openの日、楽しみに伊東屋さんへ行ってきました。
定時で終わる気満々だったのに、帰り際に用事頼んでくる人とか!もうもうもうっっ><
ちょっとイラッとしたものの、さっさと終わらせてそそくさと南館6階へ。
伊東屋さんは普通の文具と万年筆売り場が分かれています。
まずは普通の文具コーナーへ。伊東屋オリジナルのグッズ狙いです。
赤い鉛筆軸とシャープペンシルが欲しいなあって思って・・
色々あったんだけど、購入した物のはこんな感じ。
シャープペンシルは太芯のものはあったけど0.5のはなかったです。残念。代わりにオリジナル鉛筆買って来ました。丸軸のもありましたが六角軸で。
鉛筆補助軸は赤ありました!グレーも可愛かったので今度行ったら買おうかなあー
あとは赤のジャンボクリップ。一目惚れです。めっちゃ可愛い。
2種類あって平べったいのと丸いの。それぞれコスメと文具のレシート整理に使おうと思ってます。これホント可愛い。黒とかあったらいいのになー
あとは万年筆売り場でプラチナとパイロットのコンバーターを買いました。
2箇所でお買い物したのでオープン記念のマスキングテープを2ついただきました。ありがとうございますm(_ _)m 何に使おう。。使い方がわかりません^^;


正直キタエリアはもうお腹いっぱい感があるなあ。
有名どころは出店されて文具ファン的には楽しいスポットではあるのだけど、どこも似てるというか・・・オリジナル商品の差くらいしかないという。
一番お気に入りだった阪神百貨店も改装するとどうなるかわかんない。
阪急百貨店は百貨店っぽくない作りで新鮮ではあるものの、だからといって通いたくなるかというとちょっと違う。たまーに行くなら楽しめる感じ。なんかギュウギュウ詰めで息切れしちゃうので、体力ある時じゃないと阪急は行けない。そもそも売り場までが遠いってのが・・(なんて贅沢な悩みなんだ。。)
茶屋町は元々そんなに通うエリアじゃなかったので、よっぽど用事がないと足を運ばないし。
三越の文具売り場がちょっと異色な感じはするかなあ。他にはない感じという意味では面白い。もうちょっと庶民的なところがあったら通っちゃうかもしれませんが、そこは百貨店らしい高級感をなくしてほしくない気もする。

お気軽に行けて個性があっていつ行っても楽しい文具ショップとなると、意外と思いつきません。
関西圏エリアに広げてみると、
分度器ドットコム(海外のめずらしい文具が多く他店と商品が被っていない)
シモジマ(普段使いの文具がてんこ盛り。しかもほとんど35%off)
阪神百貨店(販売員の方が物知りで気さく。和文具などもひと通り揃っていて売り場が使いやすい)
モリタ万年筆(圧倒的な本数と基本ほったらかしにしてくれるところ。お気軽に試し書きさせてくれる)
こんなに選択肢があるのに結局好きな文房具店が4店舗とか。。
posted by USA at 22:50| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。