2016年02月20日

2016年 手帳備忘録


INSTAGRAMを見てると、ものすごい数の手帳を同時進行されてる方が多くてすごいなーって思います。
わたしのメインは能率手帳ゴールド一択で、サブ(自宅で使用する生活あれこれの備忘録的な手帳)に昨年まではほぼ日weeksを使っていました。
が。2年使ってみて、サブの本来の目的であった生活あれこれの備忘録ってページ数少ない方が使いやすいってわかりまして、今年は三ツ紬手帳という手作りの素敵な手帳を使用しています。
表紙は素晴らしい古布を使用しており、目移りするくらい迷います。今年は青ベースの牡丹柄(綸子かな?)
中身も数パターンから選べます。わたしはマンスリーとフリーページのみのシンプルなものにしました。(今年1年使用してみてウィークリーも必要なら翌年から追加します)

三ツ紬手帳は、能率の相棒としてもう1冊、Sサイズも使用してます。能率との相性を考え渋め路線で泥大島紬を選びました。中身は完全フリーノート。
実はこれが一番気に入ってる。
能率の小型版より更に小さい、iPhone 4sとほぼ同サイズ。コンパクトで可愛いのにトモエリバー使用の本格派。
これにセミナー受講時の備忘録や、展覧会の感想やメモ、日々のお金のやりくりやら買い物リストやら。ごちゃまぜでとても他人様にお見せできる内容ではないのですが、それだけに愛着もすごくて手放せません。

画像のように、能率+三ツ紬Sをトラベラーズパスポートの革に包んで持ち出しています。

能率は万年筆で記入するのですが、三ツ紬は鉛筆またはペンシルが基本です。
思考ノートなので書き損じも多いのです。言葉なら二重線で消して書き換えるのですが、数字はわけがわからなくなるので消しゴム使用。(小さな箇所でもピンポイントで消せるMONO zero愛用)

わたしの手帳はほとんどメモのような物で、ご紹介できる手帳術的なスゴ技は皆無です。
福沢諭吉の西航手帳や宮沢賢治のペンシル書きの雨ニモマケズ、ダヴィンチノートやエジソンノートなどなど。思考がそのまま筆記になってるノートを理想としています。
他人にはなんのこっちゃ、な筆記がたくさん詰まった手帳がたまらなく大好きなんです。
綺麗に使わなくてもいい。自分と手帳の関係が濃密ならそれでいい。

能率も三ツ紬も、そういうわたしの好みにピッタリ寄り添ってくれる自由さがあります。今年はいよいよ「決定版」なセットになってるんじゃないかなー
いまから1年を振り返る年末が楽しみです。
posted by USA at 22:23| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

2015年の手帳備忘録

手帳界、盛り上がっていますね。やっぱりほぼ日はすごい人気だなー。
昨年、今年とわたしもほぼ日weeksを使用しております。トモエリバーの書き心地には魔力があると思う^^;
かく言うわたしも、はやくも来年の手帳の手配を済ませました。10月にはラインナップ勢揃いの予定です。
ということで、ものすごく久しぶりに文房具記事書いておこうかと。


2015年はこの方々にお世話になりました。毎日持ち歩く相棒は1と2。3と4は家置きです。
1) 能率手帳ゴールド 小型版 
  2011年よりUSA家のトップスターとして君臨。来年でトップ生活6年目に入ります。
  会社では「おっさんすぎる」と不評なんですけど、わたしはイケメンだと思ってる。しかも手帳としての能力も耐久性も抜群で三拍子揃った最愛のおっさん。べた惚れなので添い遂げる気満々。
  (昨年、日本能率協会さんの「みんなの手帳部」に記事を掲載していただきました。恥ずかしくて今ごろ告白)

2) 三ツ紬手帳 Sサイズ
  2015年8月よりトラベラーズパスポートに代わり、能率くんの新しい相手役になった三ツ紬さん。
  泥大島の渋い色に可愛い模様が素朴なんだけどとても上品。
  ルックスだけじゃなく実力も大したもので、このサイズでトモエリバー仕様の本格派。主に芸術鑑賞ノートとして使用しつつ、セミナーや勉強したことのメモ書きやら分析やら、知的備忘録としても使用しております。 
  ああ、ほんと可愛い。ニヤニヤしちゃう。可愛い花嫁さんだわぁ〜

3) 新潮スリム手帳 革装版
  2015年より入った新人。新潮氏はほんまにスリムで無駄がない。しかも表紙はすごく地味なんだけど、裏がめちゃくちゃ上品なマーブル模様ときた。かなりオシャレセンス高いです。
  基本家置きの為、毎日持ちだされてヨレヨレ・ハゲハゲになるおっさんと違って年末までふかふか・すべすべ。紙はボンドペーパーでふかふかしてます。
  ボンドペーパーにちなんで、お金の備忘録として使用しております。来年も続投。

4) ほぼ日weeks
  今年でサヨナラとなるweeks。2年間という短い間でしたけど、とても楽しい思い出ばかりです。本当にありがとう。
  中身は日記 兼 備忘録です。お金のことは新潮氏に移行したので、読書、音楽、美容などの趣味が中心となっています。あとはその時興味のあった出来事や事象についてとか、雑多な感じ。
  2016年からのこの役割は、三ツ紬手帳(Mサイズ) に移す予定。オーダーしているのはものすごく華やかな美人なので、我が家の地味な布陣に光が差してくれることを期待しております。

4冊使いって普通の人からすると多いんだろうな。厳選してこの4冊だけど、本来の手帳的役割(スケジュール管理)を担っている物は1冊もないという・・・^^;
そう。わたしって手帳にほとんどスケジュールを書いてないんです。プライベートで手帳に書けるようなスケジュールって、趣味の事以外にないっていうね! いいの。それで本人がうまくいっていればALL OKだ。
posted by USA at 13:36| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

万年筆と他の筆記具を一緒に持ち歩く

万年筆を持ち歩く時のペンケースというと一般的には革製の立派な物が多いです。
カッコイイし憧れるけど、そうやすやすと購入できるものでもないので、もっとお気軽に持ち歩けて、且つお値段も親しみやすいペンケースを・・と色々なお店に行く度に物色してきて、特に気に入った2つをご紹介したいと思います。

p-653.jpg

つくしペンケース
これは既に使用されている方も多いと思いますが、つくし文具店のオリジナル商品。
しっかりしたリネンで作られており、特にベルトのしっかりホールド感は他の類似商品にはない安心感。これだけの万年筆を入れてもヨレヨレになりません。
周囲のファスナーを閉めるとコンパクトになるんですよね。決して小さくはありませんがこの薄さのおかげで邪魔にならない。
ファスナーのお色が、白、黒、青の3色で、たまに限定で赤などが発売されるようです。
こんなにカジュアルなルックスなのに、万年筆、シャープペンシル、多色ペン、ボールペンなど、いつどんな筆記具が使いたくなっても対応できちゃうデキる人。つくしペンケース。
これはホントにオススメの可愛いペンケースです。

p-652.jpg

ノーマディック 二階建てペンケース
こちらはロフトで購入したもので、たぶん学生さん向きに作られた商品だと思います。
ですがこれが侮れない実力者でして、上のベロの部分に3本筆記具を収納できるゴムバンドがついています。これが素晴らしい。
ちょっとふっくらした万年筆もちゃんと入ります。そして独立しているので他の筆記具の干渉を受けません。
下の段にシャープペンシル、ボールペン、マルチエイト、スティックのり、はさみ、蓋の裏に定規とプラスチック板に小巻したマスキングテープ、付箋などを収納します。
それから上の部分に消しゴムスペースがあって、これが意外と使える。クリップや小さなハンコなど入ります。
全体の筆記具収納量は、たぶんつくしペンケースの方が上ですが、このペンケースの最大の強みはこの実力で1000円前後という価格&取扱店が多い、ということ。
使用されている素材違いでもう少しお安いカラフルなラインナップもあります。

p-651.jpg

閉じるとこんな感じ。
他にも持ってるペンケースはたくさんありますが、万年筆とその他の筆記具を一つのケースで持ち歩くという点で、この2つが今のところわたしの東西横綱かなあ。

この夏からINSTAGRAMというスマートフォン用アプリを使うようになって、文房具中心に写真をアップしています。閲覧はパソコンからも可能です。(ブログの右スペースに近々の更新した画像が表示されてます)
ブログ更新はなかなかできていないのですが、TwitterとINSTAGRAMを覗いていただければ生存確認できると思います*^^*
posted by USA at 22:32| Comment(4) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

【遠足ノート】草津市立水生植物公園みずの森

p-647.jpg久しぶりに琵琶湖へ行ってきました。元々は別のところに行く予定だったのですが諸事情あり延期。急遽行き先変更。こういう時、行くところに困らない関西って便利だなと思います。

今回はフィルムカメラをメインにと思っていたので、デジカメは少ししか撮ってないのですが、それでもノートを作るのに困らない程度にはありました。
せっかく印刷したので全部貼ってしまえーーってやったらこうなった。
遠足なのに4ページも使うという大作に。書きたい病の時ってこうなるよね^^; (夜寝る前にやってるので足掛け3日かかってますが)
切り抜き出すと止まらない。ひたすら切る。切る。切る。
貼るときのバランス考えずに切りすぎておかしな配置になってしまったのはご愛嬌。

p-648.jpg今回めずらしく油性ボールペンを使ってみました。やっぱり使い慣れていなくてたくさん書くと手が疲れます。(いまモーレツな肩凝りに襲われている)
でも夏のおかげで普段なら気にもとめないであろう多色ペンの限定軸を大人買いしてしまい、目に楽しくボールペンを使ってます。
可愛いペンを使うってホント気持ちが上がります。これって自分にとってはすごく大事な要素なのです。
蜷川実花というと、昨年のshu uemuraの桜コレクションを思い出します。いろんなところとコラボしてるんですね。王家衛コレクションもだけど、コスメに写真系はちと厳しいものがあります。メイク物って粉なので汚くなる^^;
でも桜コレクションは華やかだし目を引いて、ちょっと欲しくなりましたけど。ムース下地とか(使わないくせに)

p-649.jpgそれから今回は写真用の印画紙に印刷したのでちょっとページが重たくなってしまって紙が負けないようにと縁をマスキングテープで補強しました。強くなりすぎず程よい感じになったので良かった。
フィルムはソラリスを使ったので全体が淡い色調で昭和的な雰囲気。だからデジカメはビビットに仕上げています。
あとピンホールカメラも持って行きました。こちらはブローニーなのですぐに見られないのですが、どうかなあ・・前回の時は露光時間が悪くて白っぽい写真ばっかりになってしまったので、今回は成功してるといいな。
フィルムの種類が減ってきて選択肢がないのが寂しいです。ソラリスは個性の強いフィルムなので楽しさはあるけど、普段使いにするには個性が強すぎる。やっぱり普通のフィルムに戻そうと思いました。
わたしはコニカが一番好きだったのでもう販売していないのが残念なのだけど、あれに似たフィルムどこかにないかなあ〜。
自分の中のフィルムの勝手な位置づけ。(フィルムメーカー→コスメメーカー/万年筆メーカー)
フジ→資生堂/パイロット 優等生。絶対的な人気と安定感。
コダック→カネボウ/セーラー 種類は多いが特徴が被ってるのも多い。独自路線。
コニカ→コーセー/プラチナ エースにはなかなかなれないけど、きらりと光る個性派。

p-650.jpgあとiPhoneを活用してみようと思って、アプリをダウンロードし今回から試してみることに。
まだよくわかっていないのだけど、(他の人たちの写真を見るのが)なかなか楽しくて、時間があるとついつい見てます。
みんな上手だなあ・・・。わたしは携帯とかiPhoneなどのカメラって苦手意識が強くて難しく感じてます。少しでも払拭できるといいな。
posted by USA at 21:35| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【遠足ノート】木琴堂

p-645.jpg1ヶ月以上前のことになりますが、木琴堂さんへ行って参りました。
古い物が大好きなので、何か出会えたらいいなーっていうのと、猫町フミヲさんにお会いしてみたくて*^^*
シャープペンシルの芯を調べていて「無罫フォント」というブログに出会いました。
ものすごい研究熱心な方で、好きなことに(だけは)とことん追求しちゃう自分とどこか通ずる何かを感じ「会ってみたい!」となったわけです。

実際、ずーっと喋りっぱなしで営業時間を大幅に超えての滞在。申し訳ないことしました。。(大反省しております)
たくさんお話ししましたが、猫町さんの文房具に対する考え方にとても共感します。
文房具好きさんは世の中にたくさんいらっしゃいますが“使ってナンボ”の道具であることはわたしにとってすごく重要なポイントです。
猫町さんも同じように、道具を心地よく使うことにこだわりを持っておられ、その熱い思いは会話の端々に感じました。
色々なお話をしましたが、ノートに関してのお話は特に盛り上がりましたね。
わたしは紙質にはある程度思い入れはあるものの、あまり知識はないので最終的には自分がそのノートを使う姿が想像できるか否か、が購入のポイントとなります。
なので、気になるノートはたくさんあるけど、どんな風に使うか直感的に浮かんだノートしか買いません。(それでも在庫になっていくのは、書くペースと合っていないから)
猫町さんも同様に、ご自身の気持ちに沿ったノートを選び、またどのように自分色に染めていくのかを試行錯誤しておられるようでした。
何を書いても自由だからこそ なかなか思い通りにはいかないノート。だからいよいよノート愛が燃え上がっちゃうんだろうなー。
なんていう、答えにならない答えで妙に納得してしまった^^;


p-646.jpg最近、わたしのノート使いは迷走中で、まったく統一感のない雰囲気になっているのですが、これはこれでアリだなと思ってます。
思えば学生時代のノートも、教科ごとに納得できるまとめ方にたどり着くまで時間かかったもんなー。とにかく使って、失敗しながら、時に休憩しながら、寄り道の間にいろんなことを見つけて自分なりのノートが出来上がってくのかな。
なのでやっぱり使うことが一番なんだなって思う。

で。この遠足ノートですが、トラベラーズノートのクラフトノートを使ってます。
宿泊を伴う旅ノートとは別に、ちょっとお出かけしてきた時用のノートで、お散歩ノートに近い位置づけになります。最近また動き出した てふ*てふの活動記録も兼ねてます。(すぐ忘れちゃうから)
文章が多い時もあれば、切り貼りが多い時もあり、これまた統一感無し。
そこらへんはテキトーで、長続きさせるために敢えて緩さを持たせています。
posted by USA at 20:26| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

榛原のちいさい蛇腹便箋

p-642.jpg


きぃちゃんからお江戸のお土産に手ぬぐいをいただきました。いつもありがとうm(_ _)m
で、阪神百貨店の紙袋に入ったものも一緒に。透けて見えるその柄でもしや・・・?と思い
「もしかして、これ榛原?」
って開ける前に聞いちゃったよ^^;
榛原のお手紙セット欲しかったのーーー!次回お江戸参りした時には、本店で思いっきりお買い物するんだって思っていたので、めっちゃ嬉しいです。(この間購入した「大江戸100景地図帳」の巻末にも榛原も載ってたんです。他にもいせ辰さんとかうぶけやさん等行きたいところだらけの巻末付録まで楽しい地図帳でした)
きぃちゃん、さすがわたしの好みよく知ってるね。いつもいつもありがとうm(_ _)m

中身はこんなの。「ちいさい蛇腹便箋」
おぅ。。こんなのって知ってたけど、実際手にしてみるとほんと可愛いな。
小さい封筒もめっちゃかわいいよ!何に使おうかなあー*^^*
この「ちいさい蛇腹便箋」はミニメモくらいの大きさで、経本のように蛇腹になっている便箋です。折り目にはミシン目がついていて切り取れるようになっています。
開けた時にわたしの中で使い道は決まりました。

p-643.jpg

じゃん!
印譜帳です!(いや。ホントはこれは試印箋というのだろう)
帳って言えるほど印を持っていないので、ちゃんしたと和綴じの印譜帳を買うのもなあ〜って思っていました。
これならちょっと可愛らしさもあるし、もしこの先、ちゃんと印譜帳を作ることにした時にもこのまま貼っちゃえばいいしね!(次に北京に行った時に栄宝斎で印譜帳を買うんだ!って思ってる)
実際に押印してみると想像どおり可愛らしくてニヤニヤしてしまいました。(右「薇」左「想空」の印です)

最近、本を整理する方法を考えているのですが、基本的にはなるべく図書館を利用して自分で買わないようにと意識しているので、そんなに書籍は持っていません。ただ、購入する時は何度も読み返すくらい好きな本ばかりなので、ここはひとつ蔵書印を作ってみたらどうだろう。と考えるようになりました。
蔵書印って歴史が古くて日本の物だけでもかなり楽しいのですが、中国の古い印など何時間見てても飽きないくらいステキなものが多いのです。(解説がないと読めませんが)
形や文字などこだわりだすとキリがなく、知識もセンスも持ちあわせていない身としては迷いの糸が絡まるばかり。
薇と想空を作ってくれた雨人さんのところでオーダーしようかなあーと漠然と思ってはやひと月。そろそろほんとに決めちゃおう。
posted by USA at 14:53| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

居心地のいい場所を作る

p-639.jpg

書き物スペースは自分が好きな物ばかりなので一番長い時間居ます。書物してなくても座ってることが多いなあー(お部屋が狭いからという理由だったりもする)

文机はすごく小さくてノートパソコンを置いたら書くスペースが全くないので、少し模様替えをしました。小物類も極力机上に出さないように・・・って思うのですが、机上にある方が便利な物も。
ブロッターは古道具屋さんで見つけてなんと500円。ホントはもう少し小さいのが欲しかったけど(コレクトの大きい吸い取り紙がピッタリ)、真鍮製で可愛いし500円だし。見過ごせず買ってしまいました^^;
いちごの缶は高校の時に輸入雑貨屋さんで売っていたキャンディーの空き缶です。我ながら物持ち良すぎて笑えます。なんか可愛くて捨てられなくて・・・
他にも空き缶は色々あって、貯金箱にしている紅茶飴の空き缶とか領収証入れにしているイギリス土産で貰ったHarrodsのショートブレッドの空き缶とか、「可愛いから取っとこう」という軽い気持ちだったのが、使えば使うほど時間が経った味わいが出てますます捨てられなくなる。危ないので最近は直感的に使い道が浮かばなかった缶は潔く捨てることにしています。
でも自分で使ってこそ愛着が湧く、そんな道具が好き。
わたしの机は古い物が多いけど新しい物もたくさんあります。何年か経ってそれらが他の古い物たち馴染んで来る日を楽しみに、そんな想像が出来る新しい物との出会いもたまらなく大好きなのです。
古いと新しいが同居する空間を作りたいなあ。

で。このいちご缶は入れる物は特に決まっていなくて、いまは文鎮とか鉛筆のキャップが入っています。
だいたい書いてる途中にすぐ取り出せる&使っていない時も見てニヤニヤできる、そんなアイテムの置き場となっています。(クリップとか付箋とか)

あと机上に出ているのは、右奥にチラッと見えてる花柄のトレイに木のペン立てと古い革のレンズケースに工作関係のお道具(ハサミ、アートカッター、定規、ペーパーナイフなど)が立ってて、カレンダー、デスクペンスタンド、行燈。書物してる時は和紙で出来たペントレイ。
・・・全然片付いてない(_ _*)・・・シュン もっと減らしたいーーーー

片付いたら全貌を動画で!なんて野望もいつになることやら。。
posted by USA at 20:43| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

万年筆とインクの記録。

p-640.jpg

前回の記録から2年経ちまして、現在の記録も残しておこうと思います。
わたしはやっぱり常用は4本がちょうど良いです。
4月にメンバーチェンジして、いまインクを入れているのはこの4本。

* パイロット カスタムヘリテイジ91(ヤマグリ) FMニブ
インクはカランダッシュのグランドキャニオン。ずーっとこのコンビですが他のインクに変える気になったことがないです。まさにベストコンビ。
金ペンだけどがんがん使えるカジュアルさがこのペンの良いところだと思う。とにかく毎日持ち歩くので本体の擦れがすごいです^^;

* ペリカン コンコルド Fニブ
純正ロイヤルブルーを入れてます。2年前のお誕生日に購入してから毎日使ってる!(モンブランのSラインと即座に交代させたのだ)
このペンも毎日持ち歩いてるけどヤマグリほど擦れてない。材質のせいなのかな?クリップも綺麗なままです。
ホントに可愛くて見てるだけでニヤニヤが止まりません。ほんと大好き。
購入したその場で川口さんが調整してくださって、思い出もいっぱい詰まってる特別な1本。

* セーラー プロフェッショナルギア(江戸桜) FMニブ
これもすごく可愛いペンでお気に入りの1本。付属のオリジナルインク江戸桜を入れています。
赤みの強いピンクがかった茶色。実はペン本体よりインクの方が気に入ってしまったという・・・
ヤマグリと同じFMニブなんだけどめっちゃ細いの。インクのせいかもしれませんが、字が綺麗に書けるペンで抜き書きノートとか書く時によく使っています。漢字が一番書きやすい。

* アウロラ エイシア EFニブ
いやあ〜思い切って買って良かった。わたしやっぱりアウロラのペン好きです。
ちょっと固い書き味なんだけどもずっと書いていたい気持ちになるのは、軸マジック?
あずき色と抹茶色の組み合わせはアレです。関西人にはお馴染みの、阪急電車です。持ってると懐かしいような気もちになるこのレトロな色の組み合わせがたまんない。
細かいパール調のキラキラが入ってるんだけど(コンコルドも入ってる)、このさりげないキラキラが上品でうっとりしちゃう。意味もなく手に取ってはニヤニヤ。
インクですが、当初「このペンには絶対江戸桜!」って入れたんだけど、どうも相性が良くなかったらしくてインク漏れが激しかったので、いまはペリカンのロイヤルブルーを入れています。
一番好きな青インクなので2本入ってると安心。モンブランかプラチナのブルーブラックって思ったものの、ひとまずと思って入れたロイヤルブルーでいいかなあ。

そろそろ夏も近くなってきたので、明るいはっちゃけた色も使いたいんだけどなあ・・・手の数が足りない^^;
posted by USA at 23:52| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

赤いノートのいま

メラメラと燃え上がる物欲の吐き出し口として誕生した赤い雑記帳が、ようやくその役目を終えようとしています。
たぶんあと1ヶ月ほどで終わる予定。2年半です。長かったわあ・・
罫線だからどうしても使うのが難しくて、文章書かなくちゃーってなっちゃう。
切り貼りもしたいし、落書きみたいなどうでも良いことも書きたいし、、なのにモレスキンだとどうしてもちゃんと書こうっていう気持ちの方が全面に出てきて、今まで書いてきた物欲ノートよりもお利口さんな感じになってしまいました。
でも良いところもあって、表紙が赤くて可愛いところとか、後ろにポッケがついてるところとか、使ってて楽しい気持ちになるところとか、決して嫌いじゃなかった。
でも無地ならきっともっと楽しかった・・ 裏抜けしない紙ならきっともっと楽しかった・・(ウォーターマンBBやモンブラン ボルドーのページの酷いこと!泣ける・・)
そんな反省を胸に次なるノートを物色中です。

p-635.jpg思い出に最近の書き込みページを載せてみる。基本このノートは書きなぐり系なので字が汚くて恥ずかしさ満点ですが、今までとちょっと違ってわりと真面目に作ったページが多かったので記念に。
書斎づくり考え中・・・ 考えをまとめたい時は鉛筆を使うことが多いです。
あと空間想像力に欠けるので絵を書いたりとか。(罫線があるとこれがものすごくやりにくいので、やっぱり無地が好きだと再認識する瞬間)
他にも化粧前とかお台所とかお風呂とか寝室とか。とにかく模様替えの時には必ずこういうページ作ってます。


p-636.jpgこれはお誕生日に何買おうかなーのページ。万年筆のリサーチも本気のお買い物計画の時は切り貼りします。(普段はしない)
アウロラの大陸シリーズが欲しくて色々見てみたんだけど、この時はアメリカにしようかなーって思ってたっぽい(USAだしね!)。でも万年筆ならエイシアかアフリカがいい!っていう気持ちを捨てきれなくて、結局エイシアを購入しました。スケッチペンならアメリカが可愛いと思ってる。いつか欲しい。
この時は他にも物色していて、ペリカンのトータスシェルブラウンとか、ウォーターマンとかのページがありました。


p-637.jpgこれは書斎づくりの参考にさせてもらっている大好きなブログの画像を終結させたページ。ほんとにこの方のサイトが素敵で憧れています。わたしが好きだなーって感じるものばかりなので書斎づくりのイメージトレーニングのためにお借りしました。
パソコンにはいろんな人の書斎画像だけを集めた「書斎フォルダ」が存在しております。書斎大好き!
小物が多いのでスッキリ片付けるのが本当に大変なのですが、それらをどうやって古い道具たちに収めるか思案するひとときが何とも言えず楽しいのです。

p-638.jpg これは読んだ本からの抜き書きです。読書ノートは別につけてるのですが、そちらは基本感想だけなので、好きな本からの引用なんかは適当にいろんなノートに散らばっています。
本当はまとめて1冊作ろうと思っていたのですが、ノートばっかり増えてしまうのでもうここにまとめちゃった。
このペーパーウェイトは万年筆の形をしてて可愛くてお気に入り。真鍮の鈍い輝きも好きー
posted by USA at 23:17| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

伊東屋がやってきた!

p-634.JPG

グランフロント大阪openの日、楽しみに伊東屋さんへ行ってきました。
定時で終わる気満々だったのに、帰り際に用事頼んでくる人とか!もうもうもうっっ><
ちょっとイラッとしたものの、さっさと終わらせてそそくさと南館6階へ。
伊東屋さんは普通の文具と万年筆売り場が分かれています。
まずは普通の文具コーナーへ。伊東屋オリジナルのグッズ狙いです。
赤い鉛筆軸とシャープペンシルが欲しいなあって思って・・
色々あったんだけど、購入した物のはこんな感じ。
シャープペンシルは太芯のものはあったけど0.5のはなかったです。残念。代わりにオリジナル鉛筆買って来ました。丸軸のもありましたが六角軸で。
鉛筆補助軸は赤ありました!グレーも可愛かったので今度行ったら買おうかなあー
あとは赤のジャンボクリップ。一目惚れです。めっちゃ可愛い。
2種類あって平べったいのと丸いの。それぞれコスメと文具のレシート整理に使おうと思ってます。これホント可愛い。黒とかあったらいいのになー
あとは万年筆売り場でプラチナとパイロットのコンバーターを買いました。
2箇所でお買い物したのでオープン記念のマスキングテープを2ついただきました。ありがとうございますm(_ _)m 何に使おう。。使い方がわかりません^^;


正直キタエリアはもうお腹いっぱい感があるなあ。
有名どころは出店されて文具ファン的には楽しいスポットではあるのだけど、どこも似てるというか・・・オリジナル商品の差くらいしかないという。
一番お気に入りだった阪神百貨店も改装するとどうなるかわかんない。
阪急百貨店は百貨店っぽくない作りで新鮮ではあるものの、だからといって通いたくなるかというとちょっと違う。たまーに行くなら楽しめる感じ。なんかギュウギュウ詰めで息切れしちゃうので、体力ある時じゃないと阪急は行けない。そもそも売り場までが遠いってのが・・(なんて贅沢な悩みなんだ。。)
茶屋町は元々そんなに通うエリアじゃなかったので、よっぽど用事がないと足を運ばないし。
三越の文具売り場がちょっと異色な感じはするかなあ。他にはない感じという意味では面白い。もうちょっと庶民的なところがあったら通っちゃうかもしれませんが、そこは百貨店らしい高級感をなくしてほしくない気もする。

お気軽に行けて個性があっていつ行っても楽しい文具ショップとなると、意外と思いつきません。
関西圏エリアに広げてみると、
分度器ドットコム(海外のめずらしい文具が多く他店と商品が被っていない)
シモジマ(普段使いの文具がてんこ盛り。しかもほとんど35%off)
阪神百貨店(販売員の方が物知りで気さく。和文具などもひと通り揃っていて売り場が使いやすい)
モリタ万年筆(圧倒的な本数と基本ほったらかしにしてくれるところ。お気軽に試し書きさせてくれる)
こんなに選択肢があるのに結局好きな文房具店が4店舗とか。。
posted by USA at 22:50| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

iPhoneからお試し更新


image-20130427155255.png
マクドナルドで読書中。
土曜日はフィットネスの帰りにカフェで読書したり、お勉強したり、抜き書きしたり落書きしたり、ボーッと過ごすのが最近のお気に入り。
本日の筆箱をiPhoneで試し撮り。カメラほとんど使ったことないのでやり方がわからない^_^;
ついでにブログ更新も試してみる。
パソコンから見たらどうなるんやろう…

本日のBGMは王菲
posted by USA at 15:54| Comment(5) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

今年はペンシル 其ノ一

p-632.JPG

並べてみて改めて思う。やり過ぎだ。
今回はピンクのみ(其ノ二でその他やります)。この他、会社に置いているものやオーダー中の物などもあるので全部ではない。
やり過ぎだね。うん。でも満足!ピンク可愛いね!

手前から
1)ステッドラー 925 65 0.5/マーガレットピンク
2)三菱 uni αゲル クルトガ搭載タイプ 0.5/ピンク
3)パイロット ドクターグリップCL プレイボーダー 0.5/ピンク
4)パイロット ドクターグリップGスペック フロストカラー/レッド
5)ぺんてる KERRY 0.5/ロゼ
6)パイロット S3 0.3/透明ピンク
7)ゼブラ Tect 2way light 0.5/ピンク
8)ぺんてる STEIN 0.3/ピンク
9)パイロット S3 0.5/透明レッド
10)コクヨ 鉛筆シャープ 0.9/ワインレッド

前から持ってたのもあるんだけど、最近買ったのがほとんどです。
この中で特に書きやすくてお気に入りなのは、3、4、5、7、9、10。
わたしには0.3芯の細さがちょっと苦手っぽいです。なのでもう増えないでしょう。(B芯を入れたんだけど2Bくらいにすればよかったな・・)
コクヨの鉛筆シャープは柔らかい書き味で楽しいの。お値段180円!信じられないです。0.9芯のペンシルが200円切ってるのすごいです。
このペンシルはノック部分は外れないようになっていて、てっぺんに空いてる穴から芯を入れるんです。ウケたw
作りはおもちゃっぽくて高級感はないのだけど、それでもお気軽に楽しめるから良いなーって思います。

あとは、ドクターグリップに今さらながら開眼しました。
太軸苦手なのになー。。不思議。
学生時代のように毎日大量筆記するわけじゃないので、グリップがべろべろになることもそうそうナイでしょう。
ただグリップにゴミが付着することだけはやっぱり許せないです。
あ。あとどうしてクリップがないの?なんかポッチがついてて、携帯ストラップみたいな感じで穴が空いてます。クリップないならこのポッチも無くしてほしい・・

あとはー・・ Tect 2way light好きです。
フリシャっていうの?全然使わない機能なのでツーウェイじゃなくてもいいんだけど、スケルトンも正直あまり好きじゃないので気にも留めなかったんだけど、手にしてみたらこのメカっぽい感じがなんか可愛くて好きになったという。。橙色と水色と黄緑色も可愛いです。0.7芯でどれか欲しいです。
posted by USA at 23:36| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンク熱の行き先

p-630.JPG

3月がえらい忙しさなのは毎年のこと。
そしてこの時期が一年で一番文房具が増えるも毎年のこと。
昨年はノートが日に1冊増えていきましたが、今年はピンク色にストレスが発散されていったようです。(無意識に増えていくので「ようです」としか言えない・・)
元来鉛筆派のわたしは、手持ちのシャープペンシルは5本くらいだったのですが(それも学生時代に買った)、この2ヶ月ほどでどっさり3倍の本数が増えておりました。
そのほとんどがピンクなんだから、ホントどうかしてたな・・(だけど反省はしていない)
ということで、会社用の筆箱を作ってみました。(筆箱までピンクなので、基地外っぽさ満点になってしまったな) 小さいわりに結構ちゃんと入ります。

p-631.JPG

中身は上から
プラチナ 採点ペン(万年筆用赤インク入)
クツワ 鉛筆ホルダー&uni 鉛筆 HB
パイロット ドクターグリップCL スカイタイム サンライズレッド
ゼブラ Surari 黒 0.7芯
パイロット ハイテックCコレト Lumio (ゼブラ Surariの赤、青、黒、緑0.7芯)
ぺんてる エナージェル 黒 0.5芯 (写すの忘れました)

油性ボールペンは手が疲れて苦手なのですが仕事では一番必要になるので、ロフトの店頭でかなり試し書きして決めたのがsurariです。
これはエマルジョンインクなので完全な油性インクではないのと、朝一番の書き出しにグルグルが必要なのと、インク溜まりが出来やすいという完全体ではないのですが、0.7芯の柔らかい書き心地が気に入っています。
1本単色ボールペンでもsurariを入れていますが0.5芯はカリカリして好きじゃないので0.7芯に入れ替えております。
surariは赤と緑の色が好きなんですよねー・・この2色はすぐ減っちゃう。
ここに写ってませんが、会社ではデスクペンを使用しているので万年筆は置いていません。最初はサファリを使ってたんだけど帳簿つけるにはデスクペンが一番綺麗に書けちゃうので実用を取りました。

どれもお気に入りの筆記具ですが、特に好きなのは採点ペン。
報告書の赤入れが多いので、内容に合わせてボールペンと採点ペンの赤を使い分けてます。
これは専用のインクカートリッジがあるのですが、万年筆のインクも使えるので便利です。万年筆の赤インクは学校の先生のピンクっぽい赤なので懐かしさもあってテンション上がるアイテム。
ただ持ち歩きすると液漏れすることがあるので、あくまでも会社置き専用。
インクの乾きが遅いという指摘もあるのですが、わたしはブロッターを使っているのでそれもあまり気にならない方だったりします。
ペン先チップの交換ができることと、インクカートリッジが万年筆のものを使えるということが自分の中でポイント高いアイテムです。
ちなみにこれコンバーター刺さります。だから好きな万年筆のインク使えるんですねー。そのつもりで黒軸とスケルトン軸買いました。
インクの消費量が結構あるので、万年筆以外での好きなインクがガンガン消費できて一石二鳥です。(これはまた別の記事にする予定)

あとは最近ハマったドクターグリップ(今さらハマるとは思わなかった・笑)。
芯はパイロットのネオックス・グラファイトBを入れてます。
会議の時に鉛筆は削れないのでペンシル使います。

クツワの鉛筆ホルダーも安いのにめちゃくちゃ機能的で、色も可愛くて好きですね。鉛筆は間違えてHB買っちゃったので芯が硬くてちょっと疲れますが。。
会社支給品だとトンボのBなんですけど、この時たまたま在庫切れでコンビニで買っちゃったんですよね・・。
これが終わったらトンボの硬筆用鉛筆2Bあたりを使おうかなーと思ってます。
鉛筆ホルダーは他に黒とシルバーと青があって、どれも良いお色。
プッシュ式なのと消しゴムまでついていて300円くらい。小学生コーナーで買いました。
定規やコンパスが自分が使っていた頃のアイテムから考えるとえらいことになっていて、ホント面白いの。欲しくなります。小学生コーナー侮れないですよ。ほんと・・

エナージェルはゲルペンの中で一番好きかなあ。色展開が少ないのと軸がちょっとウルトラマンっぽいのですが、ノック式のピンクか水色ならまだok範囲。
0.5はニードルポイントで、0.7と1.0はボールペンタイプ。
ニードルは好きじゃないのだけど、エナージェルのニードルは頑丈な感じで使いやすいです。(だけどこれが終わったら0.7にチェンジする)
細字も好きなのですが、仕事で実際使用するかというとそんなに使う機会がないんですよね。
手帳と帳簿は万年筆なので、それ以外の用途となると誰かへのメモか赤入れか・・みたいな。それだとスラスラ書ける0.7がちょうどいい。

増え続けたピンクの一部を会社に持って行きましたが、まだまだあります。
しばらくブログ記事に困らないよねーってぐらいあります。
ぼちぼち更新していこう。。。そして反省しよう。
posted by USA at 12:42| Comment(2) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

土曜日の楽しみ

あまりにも寒くて片付けがなかなか進みません。台所に立ってるだけで心底冷えます><
なので気分転換に文机の片付けを先にやりました。

p-628.jpg

いつだったかチラッと書いたいちごの色鉛筆セット。
結局、スイカは見つけられず・・ぶどうとメロンを購入しました。
入れ物がなくてどうしようかなあ〜って考えてた時、ちょうどコンコルドを購入した時のケースが目に入ったので、そのまま色鉛筆入れにしてしまいました。ピッタリ!色がすごく綺麗なセットなので大事に使っていくつもり。

あとは文箱の中身を入れ替えて、万年筆のお掃除やって・・禁断のノートに手を付けて。
お菓子の空き缶などに種類別に入れてたものを(コスメ収納に使っていた)茶箪笥の引き出しにまとめてみたところ。自分の中では1つで足りるつもりだった!のにーーーー!!引き出し2つでも足りませんでした。
困ったことになってます。キャンドルとかテキストとかその他もろもろを収納する場所がなくなってしまった。

ノートはもう買うまい。この引き出し1つ分になるまでは。

固く心に誓いました。いつまでその誓いを守れるかまったくわかりませんが。
posted by USA at 15:21| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ハイテックCコレト ルミオ黒軸 意外と大人っぽい

普段は万年筆&鉛筆派の人間なのですが、お仕事ではすべてそれで通すわけにも行かず、メインはボールペンです。(勝手に持っていかれることが多いので)
これまでは、会社支給のものかお取引先のノベルティで戴いたものを使用していたのですが、せっかく新しい社屋に移り、机も大きくきれいになったので、文具くらい自分の好きなものを使うことに。
それにしても悩ましいボールペン。
日本製の芯は優秀で書き心地がよいのですがラバーグリップが苦手なのです。多色(最低でも3色、出来れば4色)ペンを使おうと思うと、太さもそこそこ出てしまいます。あと線も細め。(中字0.7でも細い)そこでボールペンはBICの1.0を使うことにしました。
帳簿をつけるときはプラチナの細字万年筆を使っているので、ボールペンは太めの方が好ましいのです。


ハイテックCルミオの黒を買い足してきました。こちらは学習用として。(わたしには珍しい黒という選択!)
黒軸には0.5の黒芯×2、赤、青のチョイス。先に購入して使っていたピンク軸には、チェリーピンク、バイオレット、アップルグリーン、ブラウンの4色。
ピンク軸の方は万年筆で書いている時の差し色や、万年筆を持っていかない時の代用品としても大活躍中です。特に旅行中は助かる存在。
出来れば油性ボールペンの換え芯出てくれないかなあ。。そしたら持ち歩きが1本減るのにな。
ハイテックCは0.5を愛用しています。できれば0.7くらいが出てほしいところ。そのうちシルバーとブルーも買い足すつもり。この軸、シンプルで好きだなー。油性ボールペンもこのデザインで出してほしいくらいだ。

そうそう。3ヶ月前に購入したセーラーの10本刺しペンケースに持ってる万年筆を収納しているのですが、これもまだご紹介してなかったです。次はこれかな。コスメもあるんだけど。
ずいぶん色んなものがたまってしまったなあ。。。
posted by USA at 15:17| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちごの色鉛筆買いました


前回の更新から半年以上経ってる・・・。そうだよなあ〜
やっとブログを更新する時間が取れそうです。久しぶりにゆったりした休日を過ごしています。
昨日、約3ヶ月ぶりに文房具屋さんめぐりをしました。いやあ楽しかった!
購入したのはごく普通のものばかりなのですが、お仕事や学習で必要なものばかりを補充。福沢君が軽く飛んでいきました。(ビックリ!)

久しぶりの更新なので、ちょっと変わったところでカランダッシュのフルーツ色鉛筆セットのご紹介。
昨日の文房具行脚の中で一番お気に入りのアイテムです。
スイカが一番ほしかったのだけど店頭にはなくて、やはり品薄になっていたいちごを。
可愛いです。めっちゃ可愛い。見てるだけでニヤニヤできます。
これは全6種類(グレープ、パイナップル、メロン、グレープフルーツ、スイカ、いちご)出ていて、それぞれのフルーツにイメージされるカラーが7色セットになっています。
どのセットもすごく素敵です。実際に見てみてメロンとグレープいいなーって思った。パイナップルやグレープフルーツも捨てがたい。(結局全部!)
梅田まで行かないとないかなあ・・って思っていたので、まさか高槻のロフトで出会えるとは思ってませんでした。なかなかやるな!
蓋を開けるとこんな模様が!いちいち可愛いヤツだ。。やっぱりスイカほしいw
1つ1000円くらいとお手ごろ価格だと思うので(でも6種類買うとなかなかのお値段になるという・・・)、スイカ探そうかな。
色鉛筆ってうきうきします。絵は全然描けないんだけど嫌いじゃありません。なんていうか、世の中には美しい色がいっぱいあるんだな〜って、嬉しくなっちゃう感じ。
いちごセットはピンク系が中心の内容で、他のセットより可愛い雰囲気です。
この色鉛筆は水溶性なので水を含ませた筆でなぞると色がぼやけてくれるのです。スケッチする方などにはお馴染みなのかな?ほんまに、絵が描けるなら小さなスケッチブックと一緒に持ち歩きたいなーって思う。
わたしの使い道としては、普段のお料理レシピを書いたりするくらいなんだけど、ちょっと新しい試みとしては、メイクレシピの記録に使いたいなと考えています。

この筒のトップはこんなロゴ。これも可愛いな。。外国って感じ。
妹はお花屋さんで働いているのですが、確か水溶性色鉛筆でアレンジの記録として絵を描いていたような。。。しかもかなりの色数のセットだった。わたしよりも妹の方がこういうカラフル系に弱いので、たぶん使わない色の方が多いであろう色鉛筆セットは確か36色とかそんなんだった。
posted by USA at 14:53| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

2011年の雑記ノート事情。

どうも波があるみたいで、書き物したい時は1日に何ページも軽く書き込んでるのに、波がすぎるとパタと止んでしまってます。雑記ノート@赤モレスキンダイアリー。1年間で約1/3使いました(使い始めの記事)。
これ以外にもダラダラ手帳に書き込んでいたりするので、情報が分散しているのが気になるところですが、そこは気にしないことにしました。
続けることは気にしないこと、これ大事。
2012年も引き続きこのモレスキンダイアリーを使っていく予定です。

この1年の内容見直してみると、1)美容、2)万年筆、3)読書についての記述が多かった!

1)美容
日々の肌状態とかスキンケア、メイクの記録は、別途美容ノートはつけてるのだけど、こっちは、それらを受けてスキンケアの組み合わせ案とかお買い物計画とか、そういう雑多な感じの書き込み。書きながら整理してる感じで、同じこと何回も書いていたりします。
美容雑誌からの抜き書きとか、メイクの参考にスクラップとか、そういうのもあります。
ここ数年スキンケアにかなりハマっているからだと思うのですが、初期の頃に比べると手順が倍くらいに増えています。面白い変化だ〜

2)万年筆
ほんと物欲の塊みたいなのばっかり。あれ欲しい、これ可愛いのオンパレードです。
これは後から見直すのは危険で、せっかく眠った病をかなりの確率で起こしかねません。だからサラッとページをめくってしまうのが推奨なのですが、ついつい見直してしまうんだなー・・。まあ、自分の好みの変遷がわかって面白かったりもします。
あとは、万年筆とインクの備忘録もここに残しています。
高級万年筆は1年に1本と決めていたわりに、今年は3本買ってしまってます。反省してます。でも後悔はしてません。
だって探し求めていたコンコルドをお誕生日に見つけちゃったら、買わないわけにいかないですよね。しかも川口さんに調整してもらった特別な思い入れもあります。購入以来1日も欠かさず毎日使っているんです。ほんと可愛くてお気に入りの1本。


3)読書
別に読書ノートをつけているので、ほとんど次に読みたい本のリストアップです。新聞とか雑誌とか本の後ろについてるリストなどで気になる書籍を見つけたらメモに抜いておいて、あとからここにまとめてドン!って感じ。あとは本屋さんでもらえるリーフレットとかをそのまま貼り付けてるところもあります。
今年は夏にたくさん本を読みましたが、それ以外は月1〜2冊が限界でした。わたしは集中して読み切りたいタイプなので、毎日数ページずつってダメなんですよね・・。電車の中での読書とかホント続かない。じっくりその世界に浸れないと、何も残らない=感想がないのです。
なので、この年末年始は実家でガッツリ読書してこようと本を買い込みました。
持ち帰り確定なのは「飛孤外伝」(金庸)「雪山飛孤」(金庸)「七剣下天山」(梁羽生)。初の梁羽生チャレンジです。やっぱり天山系からかなと。
金庸に比べたら、梁羽生、古龍はあまり作品が翻訳されてないのが残念なところです。「白髪魔女傳」とか読みたいのに〜〜
古龍の楚留香、陸小鳳シリーズは少しずつ出てるみたいなので今後に期待。(本当は「絶代双驕」が読みたい)
武侠ばかりではないですよ。ちゃんと他のも読むつもりです。
「トリツカレ男」(いしいしんじ)「罪と罰」(ドストエフスキー)も持って帰ります。中学生以来のドスト先生。あとは宮沢賢治かな。美しい言葉に癒されたい今日この頃です。

本が増えて、我が家の本棚が窮屈になっています。
あんなに本は買わずに図書館に行くって誓ったのに…。図書館が開いている時間に帰ってこられない我が身が恨めしい。
posted by USA at 14:13| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

それいゆ計画*文机万歳


とうとう文机を購入しました!
小さめで軽いものを探していたので、見つけた時は小躍りしてしまいました。
いやあ〜可愛い*^^*
今日届いたばかりで、やっと綺麗にお掃除が終わったのでお披露目〜
蛍光灯の下で撮ったから画像が綺麗じゃないのですが嬉しいので気にしない。
出来るだけシンプルにしておこうと思ったのですが、やっぱりごちゃごちゃしてしまいますね。もう少し考えてみよう。ひとまず現状の記録。


* 文机収納
左の引き出し(ハサミやカッター、計算機などの文具類)
右の引き出し(普段使いのノート類)
花柄の引き戸 上の段(モレスキンダイアリー、日記)
下の段(中国語の本と辞書)

* 左側のマガジンラック(ペン字テキスト、練習帳)
…ベッド横に置いていたマガジンラックを取りあえず使用。ここがちょっと気に入らないので、別のタイプに変えたい。

* 机上左側ゾーン
小引き出し上の段(ブックマーク類)
下の段(ペンシル、ボールペン)
プラチナ万年筆の箱(使用中万年筆用ペンケース)
…蓋が閉まるので埃を被らなくて済むのと、茶色の別珍なので文机の雰囲気にも合っていてお気に入り。

* 机上右側ゾーン
リバティ柄トレイ(プラチナデスクペン(赤・黒)、プラチナペンスタンド、プロッター、木製ペン立て)
…ペン立ては、先日分度器ドットコムさんで購入してきました。この文机の小物の中で一番高いかも(笑) その次がリバティ柄トレイかな。ペン立てには筆ペン、ガラスペン、鉛筆、芯ホルダーを立ててます。手に馴染む丸い形がとても好きなんですよね〜。
ブロッターは古い物で真鍮製なのでちょっと重たいのです。でも良い雰囲気なのでこれまたお気に入り。

* 机上中央ゾーン
モンブラン ブラックインク
…今ペン字で黒インクばっかり補充しているので利便性のため。レースペーパーでちょっと乙女を意識してみました。

* 机下ゾーン
文箱(お手紙セット)
…これすっごく安かったんです。オークションで1円落札組。小ぶりなんですけど漆塗りで木もしっかりしていて、とても良いお品物でした。


使っていない万年筆やインク、印などは別の引き出しに入れているので、どうにか本棚の横に置いて書斎っぽくしたいのですが、そうなると結構大がかりな模様替えが必要になってしまうので、腰の調子が良い時に実行しようと思います。
高価な物は似合わないから、見た目とお値段が気に入ったものを少しずつ買い集めてきました。万年筆が一番高いけど、小物類はすべてのアイテム3千円以下がマイルール。
今回初めてひとつの場所にまとめてみたら、これがなかなかコンパクトにまとまってくれたなあ〜と自画自賛。
あと欲しいものとしてペーパーウェイトがありまして。これからどんな小物と出逢いがあるのやら、楽しみです*^^*
posted by USA at 19:34| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

持っているインクを整理整頓


[青系] ペリカン ロイヤルブルー/モンブラン ロイヤルブルー/パイロット ブルー
[BB系] プラチナ ブルーブラック/モンブラン ブルーブラック/ウォーターマン ブルーブラック(カートリッジ)
[紫系] セーラー 匂菫/モンブラン ヴァイオレット/エルバン ヴィオレパンセ
[黒系] モンブラン ブラック
[赤系] モンブラン ボルドー/カランダッシュ サンセット
[茶系] カランダッシュ グランドキャニオン
[他] カランダッシュ カリビアンシー/エルバン アンティークブーケ


ダントツのモンブラン率だけど、カランダッシュのインクも好き。
モンブランのインクは以前のボトルの形が好きなので、いまのうちに・・と思ってブルーブラック、ヴァイオレット、ボルドーの3色を買ってしまいました。
カラーインクはなかなか減らないのに、とも思いますが、どのお色も渋めで使いやすい色かなと。

ヴァイオレットは現在ラベンダーパープルという名前のようですが、ヴァイオレットでいいのに、どこがラベンダーなのか謎です。
読書ノートは紫系のインクを使って書いているので、早速ヴァイオレットを使っています。黒ほど固くなく、青ほど鮮やかでなく、ほどよく乙女っぽさが漂っていてなかなか文学的な雰囲気。
エルバンのヴィオレパンセを使っているページはとても華やかで明るい雰囲気なのですが、モンブランのヴァイオレットは落ち着いた渋みと女性らしさが見え隠れします。これはしばらくブームが続きそうです。

ボルドーは気分転換用に・・と思って投入しましたが、普段使いでも全然いけるくらいの落ち着きがあり、でも地味にならず、といい塩梅。本当は雑感ノートに使いたかったのですが激しく裏抜けしてしまうのが残念で諦めました。はやく使いきって新しいノートでボルドーを使いたいです。
持っているインクの中で最近のモレスキンにまったく裏抜けしないのはプラチナのBBだけです。匂菫とモンブランのBBもまあまあ。エルバンのヴィオレパンセもペンによっては裏抜けしない時があります。
モレスキンの見た目は大好きだけど紙質が残念ですね。でも好きだから多少の裏抜けは無視して使っちゃう。
でもボルドーの抜けっぷりは無視できないレベルだった。。残念です。。。
posted by USA at 00:02| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

えんぴつ愛とどく


あんな記事を書いたからなのか・・
分度器ドットコムさん6周年のキャンペーンに当たってしまいました!しかも一番可愛いなあ〜って思ってたオレンジなんて、出来すぎっ。
“カンダミサコ×分度器ドットコム革製鉛筆キャップ”
と言うそうです。ふむふむ。カンダミサコさんってお名前は存じ上げていましたが、お品物を手にしたことはなく。これが初のミサコグッズ。

ゴツくなくてめっちゃ可愛い〜
オリジナル品のようで、販売はされていないのが残念です。(他のキャメルやブラウンも素敵だった。。)
posted by USA at 22:54| Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。