2013年01月13日

アロマキャンドル

好きな香りはキリッとしたフローラル系。
香水もだいたいそういう系統のものが多いのですが、最近は少し甘めの香りも好きになってきました。
以前はアロマキャンドルといえば、ローズやバニラ、ラベンダーといった香りが圧倒的に多くて、自分の好きな香りの系統と違うのであまり購入したことはなかったのだけど、最近ようやくキャンドルの在庫が捌けたので、年末から年始にかけて色々と購入したので自分的備忘録。
p-627.jpg

[YANKEE CANDLE]
* クリアカップティーライト (フレッシュカットローズ/レモンラベンダー/チェリーブロッサム/ウェディングデイ)
* サンプラー (フレッシュカットローズ/ウェディングデイ/トゥルーローズ)
p-626.jpg

[POiNT A LA LiGNE]
* アルバフローラ (セリンガ)
p-625.jpg

[Recrational Vehichl]
* scented glass candle (アップルブロッサム)
[Senteur et Beaute]
* グラスキャンドル (ホワイトティー)
[GREENLEAF]
* ボーティブキャンドル (マグノリア/ジャスミン)

鏡台周りではローズやピオニーなんかの華やかな香りを使ったりしますが、書斎ではスッキリ系の香りが多いです。寝室では竹とか白檀が多いかな。
今回購入したキャンドルは主に鏡台周り、書斎で使うもの中心です。
一番お気に入りはPOiNT A LA LiGNEのアルバフローラ(セリンガ)。これほんっといい香り。寝室でも使いたいくらいです。
玄関にもひとつ置きたいので小さめで燃焼時間が長そうなのを探そうと思ってます。
posted by USA at 22:37| Comment(2) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

毎年恒例になってきた。

年末になると、大慌てでお掃除して荷造りしてバタバタと帰省。そんな12月をこの10年ほど続けておりますが、やっぱり今年もバタバタしています。毎年12月はやってくるのに、どうしていつも落ち着いて過ごせないのだろう。ほんと学習しないおバカな自分に呆れます^^;

さて。その年の目玉なお台所道具を購入するのが年末年始の楽しみ。
昨年は帰省した時に小石原に行きまして、すり鉢とお茶碗を購入してきたのですが、今年はまな板欲しい病のわたしを大分に連れていってくれるようです。
近くに大工さんがいたら削って貰えるのだけど、そういう人もいないのが都会の残念なところ。今使ってるのも木のまな板なのですが、削るほど良い物でもなく・・。1枚板のまな板欲しかったんですよー。
なかなか遠出する機会がないので、もうね、いっそ百貨店で木屋のまな板を買おうか買うまいか、と思ってたんです。母にそんな話をしたら「今度帰省した時に大分行ったらいい。まな板売ってるよ」というささやきが(笑) 二つ返事で年末の最大イベント決定です。桜がいいかな。いちょうがいいかな・・。悩む〜
お台所道具で欲しい物はたくさんあるのだけど、新年には憧れの1枚板のまな板が仲間入り出来る感じです。うふふ。

それと、以前書いたことがあるかな?
京都にWEST SIDE 33というお店がありまして、1枚の金属板から打ち出しでお鍋などを製作しているところなのですが、そこのお鍋を2011年は!!1つ購入したい!!!って思っています。(書いちゃったぞ!!)
20センチぐらいの雪平鍋にするか、22センチぐらいの段付鍋にするか・・。素材はアルミにするか銅にするか・・ホントに迷います。
打ち出しって綺麗で好きなのです。魚のうろこみたいにポコポコって。

段付鍋だったら蒸籠使えるなあ〜 段付鍋持ってないし。
普段使いの王様なら雪平だなあ〜 18センチ1つじゃ足りないし。

どちらにするにしても、名前は刻印してもらうんだ*^^*
3年前に購入した銅のやかんは、だんだんくすんだ10円玉色になってきましたよ!
毎日使ってるのに上の方はまだピカピカしてるんです。いつになったらキャラメルみたいな色のやかんになるかなあ。
posted by USA at 22:38| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

チムチムニー

風邪をひきやすくなるこの季節。お部屋の乾燥は深刻な問題。
暖房器具はほとんど使わなくても乾燥を激しく感じるのだから、この先が思いやられます。
我が家の暖房器具と言うとエアコンとファンヒーターですが、エアコンは2年ほど使っていなかったので、この冬も使わない方向。ファンヒーターも朝晩、部屋の中が少し温まるまでしか使っていません。
でも今年の冬はものすごく寒くなるって言うじゃないですかー・・・ 乗り越えられる自信ナシ(_ _*)・・・シュン
いま使っているファンヒーターも妹が残して行ったものなので古く、良い物があれば買い替えたいなあとここ数年思ってるのです。
寝室には加湿器も置きたい。ここ数日、寝てる間の喉の乾燥具合が半端ないです。

そこでこの冬のあったか計画を立ててみました。番号は優先順位。

[テレビ部屋]
 3) 暖房器具(8畳用ぐらいのパネルヒーターがいいかなあ)
 1) 加湿器(場所を取らないスリムなタイプ)
[寝室]
 2) 加湿器(Panasonicのナイトスチーマー欲しいな。高いけど><)
[台所]
 4) 暖房器具(足元用に小さいのが欲しい)


世間ではオイルヒーター流行ってますが電気代を思うと躊躇しちゃう。家にいる時間が短いから、オイルヒーターは向かないようにも思いますし。風が出ない方がいいような気もするので買うとしたらパネルヒーターかなと思ってます。今はファンヒーターで間に合ってるので急いでないのだけど一応。

p-535.jpgで。一番欲しい加湿器はテレビ部屋用にチムニー買おうと思ってる!
去年アユーラのコフレでミニチムニー付のがあったんだけど、あれ可愛かったんだよね〜(←そんな理由) それ以来、加湿器買うなら絶対チムニーに脳内変換されてます。
カラフルで可愛いのあるのでねぇ・・ホワイトかモカブラウンで悩んでます。どれも可愛すぎて選べない^^;
うちは和室なので加湿器のデザインがしっくりこなくて、なかなか買うに至ってなかったのです。でもチムニーなら何故か馴染んでくれる気がします。
アロマの使えないタイプの方が威力があるらしいので、シンプルチムニーにしようと思う。もし気に入ったらミニチムニーのローズ色が欲しいな。マカロンみたいな可愛い色で実物見たらいよいよ欲しくなってしまった*^^*
posted by USA at 23:16| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

それいゆ計画 Happy together

前からどうしようかなあ〜って悩んでいたキャビネット、この機会にエイヤーッと購入することにしました。パイン材は色が好きじゃないんだけど、オイルで渋い色に変えていけばいいかなあと。
お台所で食器棚として使うのですが、この色浮くなあ〜。たぶん。経年の風合いが出るまで何年かかるかわかりませんが、馴染む方法を何か考えたいな。
食器類は2年ほど前に妹たちが独り立ちしてから整理して、一人分の量に減らしました。必要最低限だけを置いていますが、最低限過ぎて誰かが泊まりに来た時などに困ってしまうので、少し良いものを揃えて行こうと考えています。
先日帰省した時に小石原に連れて行ってもらい、お茶碗を購入してきたのですが、その時にだいたいの価格帯もわかったので、次回の帰省ではもう少し他のアイテムも買い足したいですね。
普段使いしやすい土物が好きですが磁器も好きで、青磁とか白磁の食器も捨てがたい。何をどう組み合わせて買い足すのか悩むのもまた楽しいものです。

いま食器を収納している小さなチェストは玄関先に置いて、洗剤やスリッパなどのストックを収納しようかな。それとも鏡台の横に置いてコスメの収納に使おうかな。まだ悩んでおります。
その上にオーブンレンジを置いているので、そのあたりのゴチャゴチャもまだどうするか考えがまとまっていないんですよね〜
台所関係のふきんやクロスといったものも、出来れば綺麗に整頓したいので、狭い空間ですがうまく全体をまとめられたらなあ。
あとはトイレのカバー類とか、お化粧用のパフとか・・そんなものをまとめ買い。


乾物や穀物類、お漬物などのストック用に野田琺瑯のストッカーが欲しいなあと貯めてきた小銭貯金箱があと少しでいっぱいになります。
野田琺瑯のつもりだったけど、ここにきて無印のガラスでも良いかなあと思ったり。
だってこの写真!!
穀物や乾物って中身が見える保存の方がテンション上がるんだよね〜
と言っても、我が家には唐辛子とローリエぐらいしか絵になりそうなものはないが(笑)
だってメインはワカメとかヒジキとか切干大根とか・・。

ほの薄暗くてお味噌汁の匂いが似合うお台所。エプロンよりも前掛けや割烹着が似合う台所。そんな我が城目指し足掛け2年。少しずつ近づいてきましたよ。あとちょっとで出来あがる!
今はまだ冷蔵庫や(今月後半に届く)食器棚が新しすぎますが、きっとすぐに馴染んでくれる。楽しみで仕方がありません。

次なるは寝室。
ベッド生活に切り替えて1年ですが、どうも目指すテイストに馴染まず四苦八苦しています。洋物アイテムの扱いって難しい><
カバーをどうしていいのかわからんのです。無印的シンプルがどうしても主張してくるの。
無印のデザインはシンプルだけど、どんなお部屋にでも馴染むってわけじゃないのでね。わたしのなりたいお部屋とは真逆なんだなあ。明るすぎる(笑)
なので物を置かない和の寝室は諦めて、花様年華的モダン路線を少し取り入れてみようかと思います(テレビの部屋がその路線で改造中)。でもそうすると鏡台の存在が浮くという・・・・・。
イメージ的には「ブエノスアイレス」的なベッドだと和室にも馴染みそうな気がするんだけど、ああいう毛布を見るとわたしもウィンを思い出して泣けてしまう…と思ったりもする。
ああもう!! 張叔平(ウィリアム・チャン)にアドバイスして欲しい!!!
 
毎度、お部屋の模様替えをする度にベッドの扱いに困るのです。
どうしたら目立たないか、どんなに考えても解決しません。そもそもあんな大きな家具を目立たせないようにするのは無理なんですよね。わかってるんです。
どうも自分の寝てるところが丸見えっていうことに違和感が拭えません。カバーかけてても、やっぱり・・やっぱり・・・・。家族ならまだしも、お友達が来た時とかすごく嫌。
わたしの生活スタイルとベッドがまだ寄り添ってない証拠なんだろうな。難しいわあ。。
posted by USA at 23:13| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

お茶〜♪(*u u)っ旦~

暑くなりました・・。
さすがに最近は熱いお茶を飲むのは食事の時だけ。帰宅したらまず冷たいお茶が飲みたくなります。
以前は、お湯でお茶を淹れ水につけて冷やしていましたが、汗だくになってお茶の準備をするのにかかる時間と、飲みつくしてしまう時間のバランスが悪いような気がして、もっと簡単に!お手軽に!の欲求がメーターを振り切ってしまいました。
今日まで見て見ぬふりをしてきた水出しポットが欲しい病。
無印にあるのが横置きできていいなあと思ってたんです〜。コレ
でも2リットルは大きすぎて、握力ないわたしには注ぐのしんどそう。。1.2リットルを2本は小さい冷蔵庫の中で幅取りそうです。。うーん・・。
そんなこんなで探してまわったところAmazonでスリムな1リットルタイプを見つけました。横置き出来なくてもいいので扱いやすいものを、ということで決定。近々届く予定。
冷たいお茶に合うのはやっぱり香りの強い中国茶かなあ。龍井茶が残り少ないので悩むところです。ああー杭州でお茶を買いあさりたい・・。日本で本物の龍井茶を買おうとすると、ものすごく高いのです・・(_ _*)・・・シュン

p-421.jpg先月、母と佐渡に行きまして。
祖母の一周忌だったのですが、大阪から佐渡ってね・・・遠いんですよ。ほんま(笑)
朝7時台の飛行機に乗って、実際に佐渡についたのは14時とか。で、16時発のフェリーで本土に戻らないと、佐渡で1泊するハメになるんですね〜。何としてもその日のうちに本土に戻っておかないと、翌日の飛行機に乗れんとです。つまり日帰りできないんですな。北海道より遠いです(笑)
母が大阪に出てきたのを利用して妹夫妻と食事する予定もあったので、ホントにバタバタ。
そんなバタバタだったので、帰りの飛行機を待つ間に空港でお土産を買ったわけですが、気がつけば自分用に買ったものばかりになっておりまして。
この雪椿の茶筒と茶さじと栞。一目ぼれで買ってしまいました。(開化堂の銅製茶筒がさらに遠のきました・笑)
少し小さめなのですが、その小ささが可愛らしいのです。茶さじも前から欲しかったのでお揃いになって嬉しい^^ ママンも気に入って買っていたので、お揃いになってしまいました(笑) 我が家の実用品茶筒コレクションの中で一番めんこぃ娘さんです。
posted by USA at 11:59| Comment(2) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

奈良てくてく

p-374.jpg先月末、お米が当たりまして・・今月、またお米が当たりました。今回は3合ですがお米って買いに行くのが億劫で・・・・重たいし他のもの買えなくなるし・・・ってことでとっても助かります(笑)
懸賞に熱心なわけじゃないけど、ルメマガ登録とかしなくていい懸賞を見つけたときにたまに応募してみてます。
当たったといえば、少し前にビデオリサーチから突然電話がかかってきまして。
もしや視聴率調査?!なんて興味津々で聞いてみると、アンケート調査の依頼でした。ちぇっ。まあ図書カードもらえたのでいいか。これで本代が浮く^^


さて。昨日、4月のお花見に向けて奈良公園まで下見に行ってまいりました。
雨降りの寒い中・・・ややひいていた風邪を心配しつつ。きぃちゃんとてくてく・・JR奈良駅から春日大社まで、途中より道などしつつ(下見そっちのけ)、やっぱりひたすら歩くわたしたち。万歩計を忘れたことが悔やまれます。
駐車場とご飯食べるところを調べた後は、きぃちゃんご希望の雑貨屋さんめぐり!のはずでした。
そのために、気合いを入れて奈良特集の雑誌を2冊も持参した彼女。それなのに・・・・たどり着いたはずの文具系雑貨屋さんの場所に、目的のお店はありませんでした。ガックシ。
仕方なく移転したらしい“ならまち”までまたもやテクテク・・。いくつかの商店街を見ながら探すも解らずじまいで、この日行ったお店といえば。

p-373.jpg* 朱鳥(あけみとり) …奈良手ぬぐいのお店
朱鳥さんで手ぬぐい2枚買ってしまいました。最近手ぬぐい買ってなかったし(←言い訳?)、鹿手ぬぐいはやっぱりはずせないかなあ〜とか、麻の葉模様に朱鳥がポイントで入ってるのが可愛くて・・・。まあ、いいんですよ。今使ってるのも随分くたびれてきて、良い感じにヨレヨレしてて、手ぬぐいだなあ〜って愛着沸いてきたので、新しい仲間が増えても構いやしません(笑)
きぃちゃんも2枚買ってました。彼女も鹿手ぬぐい(またもやお揃ってしまった・・)。やっぱり奈良に来たら鹿手ぬぐいははずせんよね。うん。

* 遊中川(ゆうなかがわ) …和物雑貨店
游中川さんには、鹿マークのついた筆ペンをね。可愛くていいなあと思って見てみたかったんです。
筆ペンをよく使う母に贈りたいなあと思っていましたが、専用カートリッジってことでちょっと見送り。たやすく手に入るカートリッジなら問題ないのだけど(店舗で専用カートリッジ売ってましたが)。
でも竹軸の書きやすくて可愛らしい筆ペンでして、手が小さいわたしや母には書きやすいと思います。桐のお箱に入っていたので贈り物にいいと思う。
このお店は花ふきんで有名ですが、他にも手ぬぐいや手書きの風呂敷がめっちゃ可愛いの!!
今はちょうど桜や菜の花などの春の模様が店頭に並んでおりまして、朱鳥さんで手ぬぐい買ってなかったらたぶん買ってしまってました(笑)

* 朱生(あきを)…骨董、和小物雑貨店
アンティークのお猪口などに正絹古布を使ったお針刺し。1個500円也。
色んな種類があっのですが、わたしは青磁のお猪口にピンク色の襦袢で作られたものをチョイス。きぃちゃんは少し大きめのお針刺しを購入しました。
わたしのお針子道具は、アルマイトのお弁当箱や小さいチーズケーキの丸いケースなど。4つありまして、すぐに出し入れできるようになってます。お針刺しも色々あるのですが、今回購入したのは持ってる中で一番小さいので使い勝手が良さそうです。

posted by USA at 09:16| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

無印良品の鉄鍋

p-371.jpg1月は包丁はじめ、お台所の道具をいくつか購入しました。そのうちのひとつで無印良品の南部鉄鍋です。
サイズは18.5センチという小さなものですが、これが我が家のサイズでちょうど良いんですね。このままテーブルに運んでしまってます。
鉄鍋ってガシガシ使えるからラクチンです。ちょっと重たいけど。。まだ油が馴染んでいないので、もう少し使い込まないとあかんなあと思います。テフロンにはテフロンの、鉄には鉄の良さがあるので、作るお料理によって使い分けるといいです。炒め物なんかは鉄の方が早いし美味しいですもんね。

さて。この鉄鍋はもっぱら週末の材料使い切りレシピで活躍してもらっています。
今日みたいな・・・・こういうヤツです(笑)日によって野菜炒めだったり、すき焼き風煮込みだったり、エッグココットだったり。ハンバーグもアツアツのままいけます。油を馴染ませたいので、どうしても油物が続いてしまうのがネックです…。
せっかくの鉄鍋なので来週はビビンバ作ってみようかなあ〜と。作ったことないのでレシピがわからんですが(笑) このお鍋は直火だけでなくオーブンにも使えるんです^^
25日から無印良品のSALEが始まるので、在庫があればあと1つ欲しいな。
posted by USA at 22:47| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

磨く!月間・またまた休憩

磨く月間、本日は食器と筆記具のお掃除をしました。
この青磁のお皿は「チョコレートケーキ乗せたら絶対可愛いはず!」と思って先日購入したアンティークのもの。おおよそ18センチなので6寸かな?全部で5枚あります。
全体の円形、リムが均等ではなく少しゆがみがあり、ぽってりあったかい感じがします。ちょっと重みもあるのですが、可愛らしくてお気に入り。りんごを乗せてみたら、わたしの大好きな色の組み合わせに・・(笑)
翡翠色の青磁もステキなんですが、わたしは水色に近い色のものが好きみたいです。
ホントは7寸〜8寸ぐらいのお皿が欲しかったんだけど、この佇まいに負けました。白いレースペーパーなんかを敷いて使ってもいいんじゃないかな。

p-363.jpgもう一つのお買い物。白磁のお湯のみ6個揃い。これも可愛らしくて一目ぼれです。
桜の花びらの模様が透かしで入っていて(ホタルと言うそうです)、光を入れると浮かび上がります。新緑のお茶が映える真っ白が爽やかですよね。中国茶なんかも合うんじゃないかなあ〜って思います。
白磁のシンプルな急須がほしくなるなあ〜。我が家の急須は黒ばっかりなもので・・・(笑)
白い食器は万能選手だとわかってはいるのですが、なぜかいつも色の食器ばかり買ってしまうのです。おかげで白い角皿を逃しっぱなし。
東洋の白磁に憧れて、ヨーロッパでボーンチャイナが生まれたそうです。ボーンって骨のことだったのね・・・と納得しました(笑)


p-364.jpgさて。食器は引き出し収納にしていますが、お茶関係のものを収めている古い本棚の中はこんな風になっています。
奥の方にある蓋付のマグカップは、横浜の中華街で購入しました。きぃちゃんとしばてぃーさんと、柄違いです^^ 茶漉し付なので、葉の大きな中国茶でも気にせず飲めます。
その手前にあるガラスの蓋碗は工芸茶を飲むときに使っているもので、薄いガラス製です。お皿もついてます。熱湯を入れると熱くて・・・お皿がないととても無理です(笑)
その後ろ、ミルクガラスのマグカップはファイヤーキングのポップフローラルマグ・ヴァイオレット。このシリーズは他にローズ、チューリップ、デイジーがあります。スタッキング・マグなので重ねられるのもいいですよね。全部そろえたくなるのですが、グッと堪えて(笑)
ブライス繋がりで親しくなったりんごさんから、お誕生日にいただきました。とっても可愛くてこれまたお気に入り。
ファイヤーキングは、グラデーションの綺麗なオレンジ?赤?なマグを持っていたのですが、亀裂が入って漏れてしまうようになり泣く泣く処分。。この1つを大切に大切に使っております。
ピンクの水玉、ベージュの水玉、この二つのお湯のみは普段使いのもの。毎日どっちかを使ってます。その隣が有田焼の青磁タンブラー。百貨店の食器売り場でワゴンセールになっていました。かなり使い勝手がよくて、もうちょっと買っとけば良かったなあ〜・・と。
ちょっと見切れてしまっていますが、吹きガラスのビードロタンブラー。これもお気に入りで夏はヘビーローテーション。

p-365.jpg午後からは、筆記具のお掃除を・・。ふだん使っている万年筆も今日の日に合わせてインクを使い切っておきました。
綺麗に洗浄したのでまたインクを詰めて頑張っていただきましょう。ついでに持っているインクを出してみたり・・・

(赤系)
モンブラン ラブレターインク ジュ・テーム ボトル&カートリッジ
モンブラン ラブレターインク2008 ボトル&カートリッジ
ヌードラーズ 天安門 ボトル
(紫系)
エルバン ヴィオレパンセ ボトル
アブラクサス すみれインク ボトル
(茶系)
ドクターヤンセン ベートーヴェン ボトル
(青系)
ペリカン ブルー ボトル
(その他)
セーラー グレー ボトル

なんですか!この赤インクの多さは・・・・(笑)
ラブレターインクは初期の方が確か2005年の発売だったかと。薔薇の香りがするワインレッドのインクです。次の分が2008年版。こちらはローズピンクといった色合いです。心斎橋そごうのモンブランで購入しました。
しかし、、どちらも使ったことありません〜。お手紙を書くのに赤い文字ってどうよ・・って思うと使えない(笑) ラブレターを書く機会があったら使ってみましょうかね。
ヌードラーズの天安門は、以前も記事を書いたことがありますが、かなりネットリ感のある濃い赤でまさしく血のようです。細字のペンに入れてピンインを書くのに役立っています。が、ほっておくと固まるので、満タンにせず使える量を入れて・・と言う感じ。一番使っている赤です。(これしか使っている赤がない、とも言う)

紫色が大好きだからなのか・・紫系インクはどちらも良く使っています。
エルバンの阪急色(すません・・)がとても好きです。この色で書き物をしていると乙女気分が3割増します。紫軸の万年筆になんて入れられたら、きっと5割増しになると思います。(綺麗な紫色の万年筆が欲しくなります・・・)
もう一つの紫は、ずばり“すみれインク”って、まんまの名前ですが、本当にすみれの花から作られているインクです。
しぶい紫色をしていて、インクの濃淡が良く出てくれるので重宝しています。これはもう名もなき乙女万年筆専用となっているのですが、色だけでなくインクフローも渋くてですね・・・書き出しが結構ぐずるんです。万年筆専用のインクではないので仕方がないのかもしれません。

唯一の茶系ベートーヴェンも使いやすい茶色で、天安門と必ずセットで使っている色です。太めのペンを使うとインクの濃淡が出て楽しくなります。

青系は、会社でも使っているので一番用途の多い色だと思います。
ペリカンとラミーのブルーが好きなので、自宅用にペリカンのボトルを購入しましたが実はまだ使っていません。
ラミーのブルーは、主に会社使用のためカートリッジばっかり使ってなかなかボトル購入には至らず、欲しいのですがまだ持っていないという。。
この二つのブルーは透明感があって爽やか、インクの濃淡が楽しめる色だと思います。ペリカンの方が儚い感じ。時間が経って紙の上で変化したインクの色具合がとても好みです。

セーラーのグレーは、天空万年筆(モリタ万年筆店さんの限定万年筆)専用です。このペアは絶対なんです。他の色は入れるつもりありません!
このグレーは鉛筆のような優しい色をしていて、主張しないのにちゃんと存在してるステキなお色で、手帳にちょうどいいのです。


欲しい万年筆はたくさんあるのですが、使える手は右手1本。大事に使い続けられるものでないと、せっかく買っても勿体無いだけ。そう思ってはいるのだけど、いいなあ〜と思うものをリストに書き出して「きっとこの色のインクが似合うよ」って思い描いたりしちゃうんだよね。まったく仕方がない妄想癖だ(笑)
posted by USA at 19:10| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

貰って嬉しい飲んで美味しい

ふと気付きましたが・・・「USA STREET」は1999年2月2日にopenいたしまして、今年で10年目になってました。すごぉーーー(笑)
きっと気付いている人はいないと思うのですが、チラリと模様替えしてるページとかあるんですけどねww 自己満足^^

お茶飲みなので好きなお茶葉は常備してあります。そしてお土産などでいただくのもお茶が圧倒的に多いです。きぃちゃんなどは「USAちゃんにお土産ってお菓子食べへんしお茶ばっかりになってまうねん」と言います。大体みんなそうみたいです(笑) お菓子よりお茶をいただく方が何倍も嬉しいのでありがたい話です。
そこで我が家の茶筒・茶缶大集合。

・ 奥の一番大きな茶缶はステンレス製で、龍井茶を入れています。これは中国雑貨を扱っているお店で購入したのですが、もう一つ欲しいなあと思ったら店主さんが中国に留学され閉店となってしまいました。。残念です(_ _*)・・・シュン
似た形の物を扱っているお店は見つけたのですが柄が違うの〜;; 鳳凰がいいんです!
・ 手前の梅柄千代紙の小さな茶缶には、工芸茶が入っています。
一番気に入っていたのは杭州の茶藝館で購入した“[ロ那]咤閙海”というお茶なのですが、どうやらそのお店のオリジナルのようで日本では購入できず・・・。今は“茉莉天女散花”というお茶が入っています。
・ 縦縞の房がついた茶筒は上海で購入したアナベル・リーのもの。最初、これにも工芸茶を入れていたのですが、今は450元入ってます(笑)
・ 左後ろの赤い千代紙のブリキ茶筒には、一番よく飲んでいる八女茶が入ってます。
これは大阪に出てきた年に購入したものなので、もう10数年使っている最長老。もうかなり手垢で汚れているんですけど捨てられないお気に入りだったりします。寄木なんかのステキな茶筒が手に入ったら代替わりかなあ〜(いつのことだか)
・ 見えにくいですが、梅柄の右横、無印ステンレスの茶筒を新しく購入しました。開化堂の銅製茶筒に憧れてるのですが、とても手が出ません。無印の茶缶が9本買えちゃいます;;この茶缶には鹿児島の知覧茶を入れてます。以前、母が「美味しいから飲んでみ〜」って買ってもらったんだけど、爽やかで甘みと渋味がちゃんとあってスッキリしていて、うまいっ!それ以来時々購入してます。高いのでなかなか買えない。。

このほか、紅茶と茉莉花茶をよく飲むのですが専用の茶筒がなく。。常に欲しい欲しい病です。
同じ入れ物でそろえたらきっとスッキリして綺麗なんだろうけど、覗いたお店で時々見つけたものを買ってしまうのでどうしても無理なようです。自分の中で何となくお茶のイメージがあるので仕方がないですね。
茉莉花茶は白磁、龍井茶は青磁の容器に入れたいなあ〜。。よく中国のドラマとか見てると棚に置いてあるんですけど(紙にお茶の名前が書かれているヤツです)、あんなのを想像してます^^
錫製の茶筒が茶葉の風味を逃がさず長持ちさせると聞いたことがあります。いつか手にしてみたいですね。
posted by USA at 20:10| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

新年のお買い物その1*包丁

去年から包丁が欲しい欲しいと思いつつ何にするか決めきれずにいて、昨年きぃちゃんと道具屋筋に行った時に見たグローバルの包丁が最有力候補でした。オールステンレス製で、日本ブランドでありながらとっても洗練されたスッキリデザイン。しかも使ってる人の感想も上々でしたし、これにしよう!ってな気持ちでいたのだけど。。
ここにきて、やっぱり鋼の包丁がいいなあ〜って思ってしまっています。ステンレスとはいえ、グローバル包丁だって切れ味が悪くなれば研がないといかんのだしね。どうせ研ぐ必要があるのなら鋼・・って思っちゃう。
子どもの頃、母が使っていたぺティナイフが鋼でとても切りやすかったのです。学校に通い始めて家庭科の授業で使った包丁はステンレスの文化包丁だったのですが、あまりにも切れなくてビックリしたのを覚えてます。今思えば、我が家の包丁が切れが良かったんだなぁ。
毎日使う包丁はよく考えて買わないと・・・と思うとなかなか決められない。そして毎日切れ味のイマイチな包丁でお料理、ストレスたまりますな。困った(笑)
しかし、決めましたぞ。
プロショップキクミツ」さんでは、購入した包丁を本刃づけして送ってくれるそうです。裁ちばさみも欲しかったのですが予算の関係で今回は包丁のみ。
で、届いたのがこちら〜


祐親(スケチカ)っていう銘のようです。自分で研いで長く大切に使いたいと思って、研ぎ方の説明書もつけていただきました。キクミツさん、めっちゃ丁寧に包装して送ってくれました。(手書きのメッセージまで入ってました!)
大きさも標準サイズなので程よく重たさがあり良く切れそうです。ただ、やっぱり標準サイズはわたしの手には大きいので、もう少し小さいのでもよかったかもなあ。いま使ってるのも18cmなのでそのうち慣れるでしょう。
まな板もそろそろ削らないとな〜・・良いものではないけど木のまな板をずっと使っています。黒ずんできたら削って使えるし、包丁にも良いので。一度プラスティックを使ったことがありますが、何となく気持ち悪くてすぐ変えてしまいました。
いつかヒノキやイチョウなんかの分厚いまな板が欲しいな。
包丁はお夕飯のしたくが終わって届いたので、明日から使いたいと思います。楽しみだ〜〜^^
posted by USA at 22:12| Comment(2) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

どう〜

買っちゃった。買っちゃいました。。銅のやかん〜〜〜ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
前々から、銅のやかんほしいなあ〜って思ってたんだけど、なにしろお値段がかなりのものなのでなかなか手が出ず・・・・
そんな時、ネットのお店でワケあり品がお安くなっているのを見つけてしまいました。
しばてぃーさんに「これ〜」って見せたら「いいね〜お買い得だよ。買っちゃえ〜」なんて悪魔のささやき・・(笑)
でも元値を思えば1/4・・買わない手はない。ワケありって言っても十分良いものなんだし、えーーーぃ!
やかんも欲しいけど、無水鍋もほしいのよね〜って、ちょっとずつ貯金していたお金を途中で使ってしまいました。無水鍋遠のきましたが、まあいいでしょう。あはw
今回購入したやかんは、王道といいたくなるぽっこり型。ピカピカの銅なので自分が映りこんじゃって撮るのが難しい・・。これが経年の黒ずみを帯びていくんだなあと思うと、その姿が楽しみで仕方がありません。(さっきお店のページを見てみたら売り切れていました。ギリギリセーフ!)


やかんって、もともと“やくわん”って呼ばれてたんですよね。お薬を煮出すために使われていたんです。だから漢字では薬缶って書きます。
やかんの形って可愛くてほっこりしてて好きな道具のひとつだったりします。
ストーブの上にやかんが乗っかっている姿は、なんとも言えずあったかい冬の光景の一つ。
九州の実家でも、冬には必ずストーブを焚いていました。やかんももちろん乗っかってました。たまに母が作ってくれるサトイモと豚の角煮はほんまホクホクして美味しかった〜。

さて。銅のやかんがどうして欲しかったのかといいますと・・・
銅は熱伝導がいい、お湯がまろやかになる、ということに加え、血液のバランスを整える、ということを聞いたから。
毎日アホほどお茶を飲む人間としては、これは見逃せません。
鉄瓶で沸かしたお湯には鉄分が含まれている、といいますが、銅製品も同じ。人間の体に必要な銅をお湯から摂取。食べ物だけで、鉄分や銅を摂取するのは難しいですもんね。
あと、銅には抗菌作用があるということで、よく三角コーナーや排水溝のゴミ受けなんかにも使われていたりします。銅製品から出る銅イオンの作用によるものだそうです。(同封されていたパンフの受け売り・笑)
なんにしても家事に手間隙かけるのが難しい1人暮らし。お鍋などは焦げ付きなんか気になって仕方がないですが、やかんならお湯を沸かすだけなので気軽に使えます。
今年最後のお買い物は、来年の毎日を楽しくしてくれそうです^^


* 銅のおみせ うっとりする美しいフォルムの銅製品がたくさんあります。
posted by USA at 16:17| Comment(2) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

端は縫わない派

p-292.jpg
本日は有給休暇を取りまして、旅の後片付けなんぞのんびりやってみました。
(旅日記はこちらにて更新中ですので、本家ブログでは旅で出会った可愛いヤツラをご紹介していくつもりです)

少し前から、キッチンで使うふきんを手ぬぐいに変えたわたくし。
子どもの頃、食器を拭くのは手ぬぐいだったため懐かしく、めちゃハマってしまいまして・・・日々のハンカチとしても愛用しております。
ただ今バス・トイレ・キッチンのリフレッシュ計画を遂行していた関係で、我が家の手ぬぐいの多くはふきんと雑巾に変身してしまい、ハンカチがなくなってしまったのであります。
ということで。
鎌倉といえば手ぬぐい!
紫陽花記念の綺麗な手ぬぐいほしいわあ。。と、鎌倉・横浜の主な手ぬぐい屋さんをめぐるミッションも勝手に追加(笑)買いも買ったり手ぬぐいトータル12枚。(おほほ)
午前中はお天気もよく、おっしゃあ!!とばかりに、購入したばかりの手ぬぐいやら、買いだめしてきたふきんやらを一気にお洗濯。
お風呂場での作業も気持ちよい季節となりましたな。(冬場はつらい・笑)お日様の力はすばらしい。1時間ほどで綺麗に乾きました。


手前の列は、今まで使っていた手ぬぐいを半分にカットしたもの。
鎌倉の“拭”さんのマネっこしてみようかなあ・・なんて思って、小さいカゴに入れてトイレにおいておこうと思ってます。
真ん中の列は、今回の旅で購入してきたオニュウハンケチーズ。一つ一つの柄は、選ぶのに一苦労でしたよ。。。もうね可愛すぎる。
まわった手ぬぐい屋さんは4件。どこも素敵でしたよ〜〜
左側のふきんは無印良品にて購入の12枚組の落ちワタふきん
何も考えずに安いという理由だけで購入したものですがヒット商品だったんですね。12枚あるので思い切って使えます。
無印らしく飾り気のないものなので、このまま使うもよし、刺繍してもよし、周りをかがってみるだけでも可愛くなりそうだ〜。と思って購入し、いま残りが5枚。

手ぬぐいを見ていて思い出したのですが、昔、おばあちゃんが使ってた台拭きは刺し子してあったような気がします。あれはお手製なのだろうか・・・
posted by USA at 16:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

お江戸 お買い物日記

なぜかついつい買ってしまう小物にぽち袋があります。
以前、東雲さんたちと神戸・南京町へ行った時に、真っ赤な中華の張袋と王袋を買ってしまいました。
今回は妹の家に泊まったとき、近くの文具屋さんで江戸な柄のぽち袋を見つけてしまいまして、、、またも買ってしまいました。
他にも色々あったんです。でも値段が結構高くて(トリコロールが3枚で315円、緑が5枚で210円)二種類だけ。
色々と使い道はあるんですよ。
たとえば、今回みたいに旅行に行った時の旅券・入場券なんかの半券を入れておいたり、お友達にお茶パックのおすそ分けするときにこれに入れてあげたり。
会社では名刺を10枚ずつに分けておいています。名刺ケースの中身が減ってきたらすぐに補充できるように。
急いでいるときでも、このぽち袋を持って出れば電車の中ですぐに入れ替えられますしね。(非営業部隊なので今はそんなこともありませんけど…)

それから下の原稿用紙は万寿屋の400字タイプ。デカイ(笑)
久々にお話を書きたくなります。
これ100枚入ってるんです。だから1枚あたりの金額にすると8.4円。高級でございますね〜(コクヨが20枚120円だから1枚6円)だから安易に書きなぐり、、なんてこと出来ないわ。
学生の頃は作文や読書感想文を、400字詰めでだいたい5〜7枚くらい書いていたのであっという間に原稿用紙がなくなってしまうんですよ。
字数制限があるときも、最初はとにかく思いつく限り書き連ねて、それから削っていきます。
原稿用紙に書いた文章を添削する作業なんか結構好きです。ちょっとした作家気分で。

インクは、銀座の伊東屋さんで購入したアブラクサスのすみれインク。
これがいい色なんですよ。私の好きなタイプの、渋くて淡い紫色。めちゃくちゃ気に入ってしまったので、現在3本の万年筆に入ってます。


posted by USA at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

真っ赤だなぁ〜

秋なのでオサレバッグが欲しいなぁと思って…買ってしまいました(笑)
アンティークと言えば聞こえがいいですが、たぶん昭和40年代くらいの中古品です。
このカッチリした形といい、大きなブローチといい、ものすごく私好みだったので即買いでした。
わりと大きめのハンドバッグでイマドキには見られないタイプだと思う。今のだともう少し色んなところが使いやすくなってるけど、これは若干使いづらいです。
そのあたりがとても懐かしく古めしさも気に入ってるところ(おかしなヤツなんです)。
明日、チャオちゃんの映画を見に行くのでさっそく使おう♪

私はブランド物に興味はないのですが、レトロなアンティークものが好きです。60〜70年代のフレンチとかめちゃくちゃ好き。
会社勤めなので服装がマンネリ化してるのがちょっといや。お陰でファッションへの興味は薄れますます服を買わなくなりました。(その分別のことに使ってるから貯金は全然増えない)
さらに最近は若干年齢が気になるようになってきまして(苦笑)
今年は、白いカーディガンと赤いミニスカートが欲しいと思いつつ、ミニ、久しぶりでちょっと恥ずかしい気もする。
posted by USA at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

靴が好きです。雑貨が好きです。

■靴のオシャレが楽しい季節。靴が大好きです。お洋服にお金はかけませんが靴は妥協しません。だって足は大事だもん。
とは言えバカ高い靴を買える身分でもないので、ワタクシはもっぱら2万円以下の靴ばかりですけど。。。
私がちょっといいなと思っているショップをご紹介。
girlielounge「テ」さん。
すっごい可愛い靴ひとつひとつに名前がついていて、色だけでなく中敷の柄をチョイスできます。
バレエシューズ好きにはきっとビビッとくること間違いなしです。
お子様用の靴もあります。自分の子ども時代を思い出します。こんな可愛い靴を履いてた時代もあったんだわ。。
ママン、センスよかったんだね。
「こんなんイヤや。キャンディ・キャンディの靴がいい!」
と駄々こねてたおバカ娘を許したまえ。


続きを読む
posted by USA at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

欲しいのは普段使い

私がいつも使っているバッグは、だいたい1万円以下のものがほとんどです。
普段使いのガンガン使えるバッグが好き。
形はシンプルで柄が個性的なものが好きなので、雑貨屋さんの一点もの的なバッグに気に入るものが多いです。
で、今ほしいなぁ、と思っているのはコレ
このテキスタイルの潔くクールな柄行とそれでいて女性っぽさもあるところが気に入ってます。ミニボストン、欲しいなぁ。。。

それから、集めてるわけじゃないので持ってるのは5本くらいなんですけど、世間では近ごろ流行してるみたいですね。雑貨屋さんなどで見かけます。
やっぱりアジアは簪だよね〜。
日本的なものも大好きだし、タイとかベトナムの簪もすごく可愛いんです。
きっかけは、父がシンガポールだったかタイだったかに行ったとき、お土産で買ってきてくれた簪。水牛の角で作られているらしい。(本当か知らないけど…)なので渋い茶色なの。それがとてもシックで昔はつけられませんでした。でも今はちょうどいい感じ。
その時一緒に買ってきてくれたスカーフも気に入っていて、今でも愛用しています。
祖母からもらった物で大正時代のべっ甲で出来た簪も綺麗です。浴衣を着たときは必ずつけてました。
今は綺麗なカラーで、ビーズやラインストーンのキラキラしたものや、ナチュラル素材、アクリルペイントの透明感のあるものなど、すごく種類も豊富で、見ているだけで楽しいです。
ジーンズなんかに合わせても綺麗ですね。

最近、髪が伸び放題でひどい状態なので、お風呂上りに割り箸やらボールペンやらでグサグサっと簪してますが、ちょっとは気を使おう…。
普段使いできる新しい簪、欲しいなぁ。。とふらついてみた簪屋さん
お値段それなりだけど品があっていい感じ。玉簪1つくらい欲しいな。
posted by USA at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。