2016年06月10日

長期投資始めました。定点観測。




懇親会の様子でも記事にしてみようかなぁとぼんやり考えてたのだけどやめました。
それよりも、長期投資をスタートしてからの2年で感じたことなんかを備忘録として残しておこうと思います。


これまで参加したセミナーなどで思ったのは、一人ひとりの感覚って随分差があるのだなということ。当たり前といえば当たり前ですけれど。
その中で相手に合わせて話をする講師の方々は本当にすごいのですが、一貫して感じるのは、この機会を起点にして自分の歩いている足元を再確認する場だなということでした。
初心者向けのセミナーばかりに参加しているので、結構な確率で同じお話を聴くことになります。でも、それでいい。初心に還る機会があることは大事なことだと思うのです。
どんな場であっても、その中にヒントを得て、気付きと発見をすることで自身の軸を作っていく。この繰り返しが重要だと感じました。

わたしは常々、自分の生活とかけ離れたところに将来はないと考えています。
おばあちゃんになっても、自立した人生を送っていたい。そのための人生形成です。
将来は「今」の積み重ねの先にあるものですから、どの時点の「今」も通過点でしかない。ならば、通過点の一喜一憂に左右されない自分自身をを作ることはとても重要で、それは将来の財産を作ろうとする長期投資とまったく同じ概念だということです。


学ぶ機会は自分から求めなければ訪れません。
そして人との交流の中でしか発見できないものは必ずあって、それは書籍などからの一方的な情報収集以上に得られるものが大きいのです。
まだまだ勉強することばかりで、投資について語れるものは何もないけれど、少しずつ自分の中に積み重なるものは確実に感じています。それもまた自分に対する長期投資といえるのではないか。
セゾン投信の中野社長がおっしゃる「仲間を作ることが大事」は、本当にそのとおりだと思います。


哲学のない人生が揺らぎやすいのと同じように、投資にも哲学が必要だと思う。
難しい理論はわたしにはわかりません。でも自分の人生経験から学び得た確信こそが自身の人生哲学です。同じ体験をしても、そこで考え学んだ人だけが強くなる。それが哲学です。
であれば、わたしの投資哲学もまた、わたし自身が学び体験することでしか築くことはできないのです。
受け身では何も始まらない。いま、この時から行動を起こす。その気持ちをいつまでも忘れたくないと思います。
posted by USA at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

草食投資隊セミナー in 大阪 に行ってきました。



セゾン投信のセミナーには数回参加しましたが、今回初めて草食投資隊のセミナーに行ってきました。
インターネットの記事を読んでお勉強させてもらっていましたが、ご本人たちのお話が直接聴けるということでとても人気らしく、参加できてラッキーでした。
会話の内容を考えてる間に話題がどんどん先に進んでしまって、なかなか追いつけない現状。ぐぬぬ… みんなすごいなぁ。理解出来る日はくるのだろうか(遠い目)
でもわたしも少しは成長していて、ちゃんとメモ6ページ取った!(自画自賛)
難しいところは雰囲気で、共感できたところはしっかりと。せっかくなので備忘録として残しておきたいと思います。(&行けなかったユーリさんへの私信)

最初に草食投資隊の3名の先生方からのお話。
「前日の名古屋でのセミナーは一人30分の持ち時間で話をしたが、今日は突然一人10分で、ということになりました」
だそうです。

渋澤 健氏(コモンズ投信 会長)
投資はそのまま読むと資(財)を投げると取れるが、英語だとINVEST。つまり成長を取り入いれることである。
価値は環境や立場によって変わるものであり、様々な価値が存在していることは正常なこと。投資と投機の違いは、価値判断の基準の違いでもある。

中野 晴啓氏(セゾン投信 社長)
日本人と米国人の金融資産の内訳から投資感の違いを考えてみる。
日本人の個人金融資産のうち、投資は10%程度で残りは現預金。
米国の場合は、現預金15%以下、投資50%以上と大きな違いがある。
分母の違いはあるが、米国はお金が新しい富を生み出す投資にたくさんのお金が集まり、それが強い経済を作っている。
日本もまた、900兆円の現預金を投資に引き込んでいければ経済を活性化させることができる。

藤野 英人氏(レオス・キャピタルワークス 社長)
日本と米国の成長(株価の差)が開いていく分、国力に差が出る。
日本の時価総額が大きい企業上位50社(トヨタ、ドコモ、JT、日本郵政等)は半官半民が多く、また古くから続く企業が多い。新しい会社が少ない(生み出せていない)ということは、日本社会の新陳代謝が悪いということ。
一方、米国の時価総額が大きな上位50社(Google、Apple、Microsoft、ExxonMobil等)は若く勢いのある企業が多く、また企業トップも若い。これから何十年と一線にいるだろう。
日本と異なるのは、トップになることがゴールではないこと。トップ自らの野心と行動力が企業の成長の原動力となっている。
この差が日本と米国の経済の強さの違いである。続きを読む
posted by USA at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

セゾン投信&日本郵便 投資はじめてさんの女子会 参加しました。

「セゾン号」の長期投資入門スピンオフ企画『投資はじめてさんの女子会』in 西淀川郵便局
に参加してきました。
ものすごい寒波の中10名ほどが集まり、ディスカッション形式であっという間の2時間でした。
関西人らしく?皆さんなかなかキャラクターが濃くて 笑いに満ちた会だったと思います。

内容は盛りだくさんすぎて、簡潔にまとめるのは難しいのですが、皆さんのお話はとても身近な生活に密着した視点からのものばかりで、それ故にいわゆる勉強会のようなセミナーではお聞きできないようなざっくばらんな内容になっていたと思います。

中野社長のお話は、いつもどおり明瞭でわかりやすくて良かったです。
各人の席には資料が置かれていたのですが、終了後アンケートを書く時まで一度も手に取らず。
議題を見てみますと

1.誰でも出来る長期資産育成
 〜投資と投機のちがいから〜
2.社会構造の大転換を踏まえて
 〜インフレに打ち克つ行動規範〜
3.国際分散投資の合理性
 〜資産を守る観点からの長期投資〜

となっております。
タイトルで書くとめちゃくちゃ固いなー^^;

1.長期投資とは、成長を見込めるところにお金を使うこと。成長の結果、価値が上昇しリターンとなる。
相場の値動きで利益を得るのは投機であり、誰かの損の裏返しにすぎない。

2.日本は97年の最大経済規模をピークに、以降20年に及ぶ0成長(デフレ病)にかかっている。
その間、世界では中国で10倍、欧米で2倍の経済成長があり、日本は相対的に貧しくなっているといえる。
いま、日本はアベノミクスで強引にインフレへと舵を切ったことで、それなりの成果が上がり始めた。
経済が成長しないデフレから、インフレに変化する社会に合わせ、わたしたちもインフレ前提の考え方にリセットしていく必要がある。但し、アベノミクスは劇薬でもあり、適度なインフレは健全な経済成長といえるが、度を越すと危険でもあり、そのバランスを取ることは大変難しい。

3. …これどんな話だったっけな? この関係のメモがない^^;
まあでも、たぶん一箇所に一気につぎ込むのではなく、時間を分けて、地域も分けて行うことで、世界経済の大波小波による金銭的、精神的負担も軽減される的なお話があったので、この部分なのかな?

これらのお話が約1時間ほど。残りは参加者の自己紹介やQ&Aなど。

* 確定拠出年金(DC)について
* NISAとDC、お得度はどのくらいの差なのか
* 達人ファンド、いま新興国を仕込んでます
* 投信の選び方基準。中野社長はどんな視点で商品を選んでるの? 
* 投信をストップするのはどんな時?
* 子どもに将来の準備として投資の話をする場合、収入のどのくらいと言うのが妥当?参考指標はあるのか?
* まとまった金額が手元にある場合、どのように分けて積み立てるといいのか?

他にもあったような気がするけど、概ねこんな感じの内容でした。(これらについては、また別エントリーで)
その後、近くの焼き鳥屋さんへ移動し、更にそこからわいわいと1時間半ほど。セゾン大阪女子会の発足です。
セゾン投信からの男性2名以外は全部女性という変な団体でしたけど、楽しかったです。ほんと、傍から見たら何の団体だよって感じの集まりでした。

今回参加して思ったのは、お金のお話って見ず知らずの人だから逆に話しやすいこともあるんだなということ。
各人バックボーンが違うけれど、それぞれの環境下で抱いた疑問を、ちゃんと知りたい、考えようとしている。そういう人たちの集まりだから、話しにくいことを、ある意味赤裸々に語り合えるのだと思います。友人だとプライベートを知りすぎてて客観的になれないところも出てきますから。
それと、普通の方が集まってるのでホッとするというか・・。
インターネット上の投資ブログなど見てると、ほんとに本格的すぎてついていけないことが多いなって思っていたので、そのように感じてはる人がいてホッとしました。帰りの電車で「あの人たちはきっと趣味なんだよ」って^^;

日本郵政がセゾン投信の株主になったと聞いた時、郵便局でセゾン投信が買えるようになるのかと思いました。
実際は日本各地でこのような会を開催し、普通の人たちが投資についての話を聞く機会を増やしてくれてるのですね。
聞けば既に福岡、北陸でもこのような女子会が開催され盛り上がっているとのこと。
いま、自分の生活に、自分の人生に、どんな影響がありどんな将来を描けるのか、そしてどんな行動を起こせるのか、っていうことが知りたい。出来るだけわかりやすく、実感に繋がる形で知りたい。顔が見える状態で話をして、話を聞いて共感したり感心したり。
そういう痒いところに手が届くような集まりだったと思います。
男性中心のセミナーでは、どうしても難しい方向の話が多くて取り残された感、場違い感を感じてしまいがちなので、このような機会がもっと増えてくれたらいいなと思います。(しっかり要望しておきました)

(つづく…予定)
posted by USA at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

臨時収入のルールを決めた(ある程度)

この数年、わたしの収入は安定していて、おかげで色々なことに目を向けられる様になりました。
社会人になったばかりの時の収入から考えると、いまの年収は3倍です。本当に有り難いことです。
とはいえ、非正規雇用なので将来に対して不安であることに変わりはありません。
だから備えが大事。やっとその備えについて、自分の思う方法を試すだけの余裕が出来てきました。
本当に本当に有り難いことだと思っています。

さて。
わたしの備えの柱は、1.自己投資、2.貯蓄、3.投資 です。

自己投資が一番なのは、将来に不安しかないからです。
自分の身につけた能力しか信じられるものはない。だからお金をかけるべきところには、ちゃんと投資します。(とは言っても大したことはしていませんが^^;
貯蓄は、何かあった時の備えとして一番大事な部分。無理してまで大きな金額は出来ませんが、少しずつ。
投資は、いわゆる投資で、昨年からちゃんと始めました。これも無理しないよう、計画を立ててやっています。意外と楽しくて自分に向いてるなーと思いました。(これ新しい発見!)

これらは、目的別に期間を決めて計画を立てております。

1.短期 - 1〜2年 目的を明確にして取り組める
 →万年筆貯金、美容積立、旅行積立。増やすことより目標金額達成が目的。
2.中期 - 3〜5年 目的にある程度幅を持たせつつ達成しやすい
 →多少リスクを取っても増やしたい。だけど過度な危険は冒さない。ルールでガチガチに縛らない。
3.長期 - 6年以上 先が長すぎて目的を見失いやすい
 →退職金代わり、老後の生活費の一部など。リスクは抑えつつ増やしたい。シンプル且つ長く続く方法で。

ざっくり 1が貯蓄、2が投資、3が貯蓄と投資のミックスって感じです。
増やす方法は色々あるようですが、難しいのはわからないのでシンプルな投資信託の積立をベースにしています。

で。ここから本題。
少し前に書いた記事をきっかけに
「毎月の計画とは別に、臨時収入があった場合どうするか?」
ってことを考えました。
額によっても違うと思いますが、残業代なんかは一部パーッと使っちゃってもokとしています。
(だって頑張って働いたんですもん!将来のわたしも、いまのわたしにお疲れ様!って言ってくれると思う)
でもやっぱり将来の不安はありますので、少しでも増やせるなら…と。

【臨時収入の扱い備忘録 2015年度版】
●小銭貯金 (お財布に残った50円以下の小銭たち貯金)
 →SBI証券 NISA口座 世界経済インデックスファンドをスポット購入
●家計費の残り (毎月1万円弱残るように予算を組んでいるので、だいたい残る。)
 →SBI証券 NISA口座 ひふみプラスをスポット購入
●キャンペーン金など (いろんなところで貰うキャッシュバックやら何やら)
 →マネックス証券 外国株口座 (米ドルに)
●臨時収入 (残業代、臨時ボーナス、還付金など、わりとまとまったお金)
 →カブドットコム証券 MMFへ (目的が決まるまでプールしておく)

毎月の積立て計画を邪魔しないように、臨時収入が発生した時はこのようにしておくことにしました。
上2つは5年間は置いておけるので、利益が出たどこかのタイミングで売却して次のステップに。
積立以外に購入する楽しみを重視。
3番目はVTを買う時の資金にプラスします。
4番目は金額的にはそこそこまとまってる物なので、目的がちゃんと決まるまでMMFに。
リバランスの時の買い足し資金にするとか、たぶんそんな感じにすると思います。

臨時収入は、あくまでも臨時なので普段のルーティーンを崩さないようにしつつ、ちょっとお楽しみも味わえたらなと。この先考えが変わるかもしれないので、ひとまず2015年度版ってことにしておきます。
posted by USA at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

好奇心は人生を豊かにすると思う。

わたしがお金のことに興味を持った一番最初の記憶は、幼稚園の年長さんの時。
お小遣い帳をつけるよう、母から1冊の可愛いノートを渡されたことがきっかけです。
しゅうにゅう、ししゅつ、くりこし、の単語を覚えたのは5歳の時です。これを見せないと次のお小遣いがもらえなかったの。
自分で貯金しに郵便局に行くようになったのは小学3年生の時です。お正月の初貯金やお盆など、貯金に行くと貯金箱やらノートやらもらえるのが嬉しくて、せっせと通いました。
中学生。ボランティア貯金に切り替えた時、利息から税金が引かれることを知り大人の仲間入りをした気持ちだった。
複利のすごさを知って貯金計画を立てたのは高校生の時。(なにかの本を読んだ記憶があります)
高校卒業後は自分で学費を払うと決めていたし、一人暮らしも決定していたので(&宝塚資金も必要で)、アルバイト代をコツコツと貯金しながら、どうやったら少しでも増やせるのかを探っておりました。
ただ投資は全然わからなくて怖いものだと思っていたので、貯金一辺倒でした。 

その後、一人暮らしを始めたら、生活しながら貯金するのがどんなに大変か・・・。ほんと身に染みて実感しました。
若いころのわたしは食費を削っても舞台を観る、という命がけの趣味を持っていたので余計です。
だけどアホだったなーとは思いません。
自分のために使うお金に無駄はないと思う。あの時のわたしにとっては、すごく大事な経験でした。価値ある時間の使い方、自分の生き方の基本を決めるために必要だったと思う。

そして、ようやく。今さら感満載ですが、仕事が安定し、生活が安定してきたいま、やっと自分の将来を考えるようになってきました。
やっぱり仕事は大事ですね。若い人たちに安定した収入を得られるよう、世の中が整ってほしい。そうすればもっと日本は明るくなるなって、これまた実感してます。


昨年の春頃からぼんやり考え始めて、取り組みだしたのが昨年夏。
決めたら行動を起こすのは早いのですが、それまでじっくり考えをまとめるタイプです。(理解するのに時間がかかっているだけとも言う)

投資自体が初めてだったので、まず株式の購入(これは自分の仕事にも多少絡んでいて体験してみたかったということもあります)をやってみることに。
しかしこれはすぐに断念。危ない・・・自分にはキケンな香りがぷんぷんで、触れてはいけないと思いました。(購入した株がほんの僅かの間に倍になっちゃって怖くなりました。このジェットコースター感はキケンすぎる…)
増やすには色々な方法がある中で、わたしが選んだのは投資信託のコツコツ積立でした。
趣味や学ぶことに時間を費やしたいし、だけどやるからには興味を持って楽しみたい。

そこでまずお試し期間を1年と設定し、分散投資というものに挑戦することにしました。

「バランス投信にするか or いくつかの投資信託を組み合わせて自分好みにするか」

この1年、これを実践してみました。
成果がどうこうは考えず、自分の性格的にどちらが無理せず続けられるか、っていう目的です。
前者は、毎月1回しか手帳に書き込む機会がなくて、思ったよりも本当に何もすることがなくて、ちょっとつまんないなー・・・
後者は、毎月コツコツが数種類あるので手帳に購入口数を書き込んでいくのが楽しい反面、時期が良く、思ったよりも含み益が出てしまって心理的なゆさぶりが・・・

わたしにとっては、投資信託を購入する → 毎月金額や口数を書き込んで → データがたまってきたら(手書きの)グラフを作ってニヤニヤする

ということが楽しくて重要らしいことがわかりました。(このアナログ感はだいたいわかってたけど^^;
だけど複数あるとリバランスっていうのが大事なのだそうで・・・ これが計算苦手なわたしには悩ましい。

「多すぎず、少なすぎず、あんまり難しくならない程度に複数持ち」

を目指して考えること1週間。やっと決まりました。
バランス型を2つ組み合わせて(自分でリバランスしなくていい)、もうちょっと割合を変えたいところを付け足す(ここだけ自分で年に1回くらい調整すればいい)。
手帳に書くことも、データの蓄積も、グラフ作成もちゃんと出来るし、ほどよく楽ちんで望みの大半は叶えられそうな気がしております。

投資信託は信託報酬が安い方がいい、っていうことはわかったんだけど、わたしはベースにセゾン投信を選びました。
何故かというと、毎月レポートがメールで届いたり、機会あるごとに情報発信があるから。(そしてホームページがシンプルでわかりやすいので助かる)

投資は初心者だし、社会の仕組みや経済のことなど、わからないことはたくさんあります。
今の世の中、少し調べれば情報はよりどりみどりですが、その中から必要な情報を選ぶのは難しいです。まして知識がないと何がなんだかさっぱり・・
その中で自分の興味のあることしか選ばなかったら偏ってしまうなーって思ったので、自分の持っている投資信託を起点にして、多方面に興味のきっかけを見つけ出だせたら、放ったらかしの積立投資でもリアルタイムの世界の流れに触れることができると思ったからです。

今後、自分の知識が重なってくれば考え方も変わるかもしれません。 気になったことは何事も自分で体験して判断したいと思うタイプなので、きっと試したくなることも出てくると思う。
でも、回り道しても行き着くところはたぶんシンプルなところだと思う。
だから、超初心者であるいまの自分が選んだ視点って大事にしたい。

「わからないものに手を出してはいけません」

って、いろんな方がおっしゃってました。(先駆者の教えは素直に聞く良い子なのです)
だから好奇心を大事にしつつ、自分がわかることを真ん中に据えて、身の丈にあった方法を実践していきたいなと思います。
posted by USA at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

万年筆貯金のいま。そしてこれから。

明日は月末なので、万年筆貯金と銘打って始めた小銭貯金箱の中身をキレイキレイしました。
今月はあまりお金を使わなかったので4,081円しか貯まってなかった。
これまで単純に通帳INしてきたけど、今回から投資信託をスポット買いすることにしました。
この2年ほど万年筆資金は別途管理するようになった為、この小銭貯金の目的が曖昧になっちゃってたのが気になってたんです。(1年間の貯金では買えないくらいの大物を目標にし始めてしまったからです^^;)
目的がハッキリしないのに習慣だけが残る、っていうのモヤモヤしちゃう。 年間8万円近く貯まるのに勿体無い!必ず使い道を決めなきゃいけないわけじゃないし、かと言って増えない貯金をそのままにするのもなぁ・・・何か有効な方法ないかなーって思ってました。

昨年から資産運用について真剣に考えるようになって、本を読んだりブログを渡り歩いたりしてきた中で出逢ったブログの管理人さんが、臨時収入があった時は投資信託を小額のスポット買いされる記事をエントリーされていました。
なるほどなるほど。めっちゃわかりやすくて目から鱗!

なんていうか、考え方の基本がガツガツし過ぎてないところとか、行動にいちいち理由付けしなくても気軽にできてしまうところとか、だけどちゃんと理にかなってるところとか。

おおおおおー!!って思って、早速マネっ子させてもらうことにしました。
背伸びしたって意味がないので、自分の身の丈にあった形で続けられることが一番大事だと思うんです。
時がくるまで待つ より 今できることをやってみる の方が好きだから、早速!

問題は、わたしのメイン積立投信はセゾン バンガード グローバル バランスファンド・・・。(名前長いなー略称とかないんだろうか)
スポットの最低購入金額は10000円なので足らずなんですよね(_ _*)・・・シュン
そのブログの管理人さんは、少額から積立が出来る「世界経済インデックスファンド」という投資信託を購入されているようです。
昨年、お試しするのにセゾン投信と迷ったやつです。 あのとき迷ったご縁で、これにしようかなー。
いま、せっかく決まったポートフォリオにどんな影響が出るのか計算中。(計算苦手だからこういう時泣けてくるわ・・(ノД`)シクシク
まあ臨時収入的扱いなんだし、そんなにガチガチに考えなくてもいいよね。特別枠ってことでも。(←ってことにするつもりになってきた。計算の面倒臭さに負けそうで(ノД`)シクシク

そうと決まれば行動あるのみ。
明日銀行に行って小銭を全部通帳に入れたら買っちゃおう。(積立投資って、なんだかお買い物してる気分になって楽しいなと思ってる)

資産形成は時の流れにまかせて(いっさん)「当選金など臨時収入の使い方」

この記事ちょっと長くなってしまったので、資産運用お試し期間にわかったことなどは別のエントリーで残しておくことにします。
posted by USA at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

今日このごろ

気がつけば、このブログって11年も経ってる、、びっくり。
世の中には色々な形で自分の言葉を発信する方法があるけど、ブログはなかなか長寿な媒体じゃないかなーって思う。
外の人に向かっての発信はINSTAGRAM(と連動させているTwitterも含む)が中心になってきていて、更新頻度はそうとう落ちているので全く説得力はないのですが、ブログはそれらとはちょっと違う立ち位置です。
記事のエントリーにかかる時間も、10分くらいの時もあれば、半日以上かけて書く時もあり、内容も様々に移り変わってきました。
いまはわりとしっかり考えた文章の時にしかブログの更新をしなくなった感じで(と読み返してみたらそうでもなかった)、年に数回の記事数です。だけど閉鎖しようとは思わないんですよね。
雑多すぎて何のブログなのかもわからなくなりましたが、自分の変化が見られて面白いなーって思います。
強く心を動かされる対象については、ホントに自分でも笑えるくらい情熱的で・・恥ずかしかったりします。(←過去の自分は妹だと思うことにした)

さて。そんなわたしも(年齢だけは)大人になりまして、好きなことばっかりで生きていくわけにもいくまい。と考えるようになりました。
自分の生活はもちろん大事で将来も含めて、精神的にも経済的にも自立した生き方をしたいと思っていますが、同時に世の中への貢献や自分を支えてくれる人たちへの恩返し的な何か、について考えるようになってきました。
と言っても、具体的に何っていうことはまだぼんやりとしたものでしかないのですが…。
考えるだけじゃなく、決めたら行動で示せるように。日々そう心に言い聞かせています。

やっと、子どもの頃から憧れていた大人への階段を登り始めた気持ちです。
posted by USA at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

「みをつくし料理帖 残月」サイン会行ってきました。

p-644.jpg
今日はグランフロント大坂の紀伊国屋書店で田郁さんのサイン会がありました。
澪を生み出した人なんだなあ・・って、すごく納得な感じの明るい方でしたよ。
会場ではこんなカードもいただきました。すごく可愛いのーー。(これ田さんが描いたのかな?)
みんな可愛いんだけど、女子の中に混ざってる種市がなんともいえない可愛さでやられました。
澪の髪にある赤い玉簪は、ご寮さんの珊瑚玉なのかなあ。(再び手を離れてしまったものだけど)

さて。ここのところ、手持ちの本を整理する片手間に特にお気に入りの本については特集ページを作って遊んでいます。(昔、宝塚の生徒んでよくやった)
好きなことについて書きだすと止まらなくなるので、何か書きたい時には効果覿面。
いまはみをつくしシリーズにハマってるので、みをつくしページから作っています。興味のあるところに手を広げてしまう質なので「これいつ完成するんだろう・・」の状態です。そのうちご披露できればなと^^;

そうそう。次のみをつくしは「熱燗の美味しい季節のうちに・・」だそうです。
待ち遠しいなあー*^^*
posted by USA at 21:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

みをつくし脳内配役

みをつくしを読んでいる時の脳内配役は、ちょっと年齢層高め。

澪…蒼井優
小松原…西島秀俊
源斉…長谷川博己
野江…栗山千明
又次…山本耕史
芳…麻生祐未
種市…火野正平
おりょう…藤山直美
りう…樹木希林
清右衛門…内野聖陽
坂村堂…小日向文世
美緒…貫地谷しほり
早帆…黒谷友香
佐兵衛…駿河太郎


澪は最初に読み始めた時から蒼井優ちゃんがいいなーって思った。
演技上手くて、素朴な容姿。演技中の彼女はほんとに光っててハッとさせられる瞬間が多いんですよね。似合うと思う。
小松原さんと源斉先生は思いっきり「八重の桜」になってますが^^; 
ただ、この間「酔いどれ小籐次」を見て意外と藤木直人の時代劇は悪くないと思った。これは何とかみをつくしに登場させたいのですが、もうお役が余っていません。どうしましょうか。
今までのイメージならだん源斉先生キャラだと思ったんだけど、たぶん小松原とか似合うんじゃなかろうか。(そしら西島さんの行き先がないじゃん(_ _*)・・・シュン)
総髪は似合うだろうと思ってたけど、月代も悪くなかった。顔が小さいからなのか?ちょっとひょろっと感があるのが勿体無いかな。でもこれは何とかなりそう。

小松原…藤木直人
源斉…長谷川博己

うわっ なんだこの二人。美形すぎて少女漫画みたいだな^^;
「よう、下がり眉」っていうセリフがハマらないとダメなので声も大事。あとは目尻の皺。これ絶対b
悩ましいな。うん。やっぱり演技面重視で西島さん。そして源斉先生は譲れない。長谷川さんじゃなきゃ嫌だっ。

種市の火野正平さんは、これはもう自分の好み一辺倒。中学生時に山本勘助演っるてるの見てから好きなんです。かっこいい!
野江には栗山千明さん。演技がちょっと幼くて、口元に癖があるのが気になる所ではある。でも「塚原卜伝」見た時、おおー悪くない。って思ったんですよ(白城あやかさん的な色気があった←わかる人にしかわからない例え)。見た目的に。時代劇は経験も大事なので。
又次さんは、もう絶対山本耕史さんで。| u*)ポ かっこええねん・・(磐音さまファン)
野江のために命も惜しまないっていう男気がねー。。見せ場もあるし似合うと思う。
ご寮さんには麻生祐未さん。これまたなんか好きな女優さん。
佐兵衛は、大阪弁が自然で優しそうな人・・・って思ったら、ふと「カーネーション」の勝さんを思い出して。意外と時代劇似合いそうだし、ちょっと期待を込めて。
それにしても、1985年前後生まれのいわゆる旬の女優さんて多いのだけど、時代劇がハマりそうな人があんまりいないです。演技が幼い人が多い印象で難しかった。

実際ドラマ化されたということは知っていますが、普段民放を見ないので全然知りませんでした^^;
ちょっと見てみたいなあ。北川景子って綺麗なのに意外と素朴な雰囲気似合うと思うので。
posted by USA at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

今月のお買い物記録


先月末から今月は、本決算ということで1年でも一番忙しい時期です。
毎年やってるのに全然平気になりません。もうどうなってるんだ!って感じです。
で、その忙しさに比例して増えるのが文房具とか本とか・・
ひとつの単価があまり高くないから、気がつくとどっさり机に積まれていることになるのです。
今年もやっぱりちょこまかしたものが増えておりまして、それはご紹介するほどのものではないのですが、大きな物としては2年ぶりの高級万年筆!を購入しました。
ずっとずっと素敵だなあーって憧れていたアウロラの大陸シリーズ、ランド・オブ・エイシアです。
アウロラのペンは大好きなんだけどとても高価なのでお気軽に手にすることができなくて、、これはお誕生日のお買い物です。(←1ヶ月のフライング)
わたしのルールとしては万年筆は3万円までと決めているのだけど、2年間我慢したのでどかーんといっちゃいました。(我慢が台無しとかいう気もします)
それから本ですが、色々買ったので一番最近購入した3冊だけ撮りました。図書館で借りればいいので買うほどのものでもないかな・・って気はとてもしています。手元に残したい本だけ購入ルールなのにちょっと反省しています。

そろそろお仕事も落ち着いてきたような感じなので、ぼちぼちブログの更新もしていきたいです。
いまシャープペンシルにハマっています(学生っぽさ全開でちょっと恥ずかしいのだけどドクターグリップ買っちゃった。。)
posted by USA at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

手作り計画

ペン字の練習にはジャポニカ学習帳を使っています。
時々、外でお茶しながら書き取り練習したいなーって思うのですが、さすがにいい大人がジャポニカ学習帳を使うのはちょっと恥ずかしい思いもあり、ノートカバーが欲しいなあ・・・って思っておりました。
dangentenの革カバーが素敵なのですけど12,000円するので、さすがにジャポニカにかけるには贅沢すぎる(そのギャップも決して嫌いではないけれど)。やっぱり自作しかないかなあ〜と漠然と思っていて、年末に帰省した時に実家で着物生地を貰ってこようと考えていたのに!!
甥っ子にやたらなつかれてしまいヘトヘトで気がつけばお正月休みが終わっていました^^;
どうしよう。。
作りたい物は、ジャポニカ用ノートカバー、ティッシュボックス用のカバー3種類、食器棚用の敷物4枚。少なくともこれだけ。どれも和柄を使いたいので、手持ちの生地だけじゃ足りないんだよなぁ。。
銘仙の古布とか、こっちで買うとバカみたいに高いのです(_ _*)・・・シュン
これから忙しくなるし、日々の気分転換に簡単なお裁縫はいいなー・・って思うので、今あるもので作り始めてみよう。
posted by USA at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和風の香りを探しております。

年が明けてしまいました。そしてもう1週間が過ぎてしまいました…。
寒いのは嫌いですが、実はそんなに嫌じゃなかったりします。(どっちや)
昨年まで1つの加湿器を自分がいるお部屋に持っていって使っていたのですが、年末にお買い物したい病を発散させた時に新しいのを購入してしまいました。本当は茶系の物を探していたのですが、あまりピンとくるものがなくて、わたしにめずらしく黒い本体です。形も真四角。しずく型とかチムニーとか色々出ていますが、結局この形が一番扱いやすいとわかりました。わたしも大人になりました^^;

で、前のもそうですがアロマが使えるので、最近使うようになりました。
どうも睡眠の質が良くなくて、時間的にはちゃんと眠っているのですが脳の疲れが取れていない感じ。昼間つらいんですよね。。ずっと神経が高ぶってるような感覚が取れなくてちゃんと眠りたいなあ・・と香りにお手伝いしてもらうことに。
眠れる香り=ラベンダー?みたいな単純思考な自分が笑えてしまいますが、正直言いますとラベンダーはそんなに好きじゃないの。嫌いってほどでもないけど、わたしが落ち着くのは和風の香り。
そこでアユーラのこの2本を購入してきました。


緑がナイトメディテーション(白檀・菫・竹)、赤がナイトハーモネーション(乳香・菩提樹・橙)です。
最初は好きな香りだけが入ってる緑だけ買おうと思って行ったのに、店頭で試してみたら赤もこれまた好きな香りで、選びきれず両方購入してしまってました。
しかもナイトメディテーションは、シャンプーとコンディショナーと入浴剤まで。あの時のわたしはどうかしていたかもしれない^^;

以前好きだった和風アロマキャンドルに椿の香りがありましたが、オイルで椿ってあるのかな?洋風の香りだったらビターオレンジとかリンゴが好きだけど、甘過ぎるのは嫌なのです。
アロボ?とかいう水で空気を洗浄するらしい機器に使用する専用のアロマオイルみたいなやつのリンゴは好きだったー。あの香りだけのためにアロボの機械買おうかと思った(笑) ただLEDの光っていうのが好きじゃなくて踏み切れなかったという。。

すぐ忘れちゃうので、香りの覚書。
≪ナイトメディテーション≫

≪ナイトハーモネーション≫
posted by USA at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

来年やってみたいこと色々。

本日のBGMは、ロス・インディオス・タバハラス。ラテンに癒される冬。
そして高速バスの中での暇つぶしに・・と本屋さんで何気なく購入した岩波ジュニア新書の「漢詩入門」を一気に読み切ってしまいました。(ジュニア向けは字が大きいのであっという間^^;)
めっちゃ面白い!ジュニア向けとはいえ、大人も十分楽しめます。
漢詩の作りや決まりごとなど、あまりよくわからずに詩の雰囲気や情景を楽しんでいるっていうくらいだったのですが、この本はそれらに加えてひとつひとつ、漢詩の持つ独特のルールの中に表現されている深い意味が易しく簡潔に解説されています。まさに入門というにふさわしい感じです。決まりごとの多い漢詩ですが、本当に奥が深くてゴールがないように思えます。

今年はゆっくり学習の出来る環境を作れなかったので、来年は漢詩のお勉強をしてみたいと思っています。中国語もまったく先に進んでいないのですよね・・。耳を鍛えないといけないなーって思ってます。
それから短期のペン字講座が終了したので、4月から本格的に始めるかどうかを試すため、これからそのことを念頭に置いて3か月間の自主学習をやってみたいと思います。ホントは書道と太極拳をやってみたいのですが、一度にたくさんのことは出来ない性分なので、目の前の目標から取り組んでいくつもり。

会社のランチ仲間がウクレレを始めたんです。いいなー・・ わたしも音楽やりたい。
一人でも出来るけど、やっぱり音楽はアンサンブルが一番楽しいと思うから。ウクレレやったら弾きながら歌えるのがいいよね。フルートは歌えないですから^^;
弦楽器ってやったことがないので興味あります。一番やってみたいのは弦バス。ジャズやりたいわ〜 あの低音が渋くてかっこいいと思う。
ウクレレでジャズでも素敵やな。音が可愛いし*^^*
ジャネット・サイデルのスイートな雰囲気が好きー!ジャネット・クラインのノスタルジックな感じも好きー!だけど、ジャズ ウクレレだったらライル・リッツでしょうか。あまりCDを見かけないので輸入しか道はないかもしれないけど。
時間をもっと自分の計画通りに使えるようになったら、また音楽やりたいな。自分の中の感覚が一番活性化されるのは音楽だなって感じるから。

仕事が忙しくなってしまったから舞台を観に行かなくなって、映画さえ行けなくなって、、音楽の新規開拓もまったくなし。自分の中の何かが死んでしまいそうです。
本気で来年はもう少し感性を磨く機会を増やしたい。
posted by USA at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

わたしは68歳まで生きるのか

年金支給開始年齢が68歳になったら、たぶんわたしは年金受け取れないだろうな。。68歳まで無事に生きていられる気がしない。
いまの職場はわりと大きな企業で福利厚生もしっかりしてる安心感のある会社だけど、契約社員なので定年まで働けるかどうかわからないもの。そもそも契約で定年とかないし。

雇用延長で、定年後再雇用になる人がほとんど。だいたい2〜5年在籍してる。新卒採用での雇用は平均25〜30人。契約社員から正社員になるには試験があるけど、これは上司の推薦がないと受けられないので、正直この数年間で正社員になった人は男性総合職の数人だけ。一般職の正社員登用はほぼ皆無。
となると、わたしはあと数年働くのがやっとだろうな。独身でずっと大阪にいて今の職場にいられたら、たぶん40代までは大丈夫と思う。そのあとは難しいだろうな。
定年後の再雇用が義務化されちゃったら、いよいよ若い人の雇用に打撃を受けるのは勿論のこと、今非正規雇用の人間には、もはや正社員なんて夢のまた夢。いつまでも非正規雇用でしかいられない世の中になっちゃうよね。

うーん・・・。やっぱり68歳まで生きるのは難しそう。
都会は仕事の数は確かにあるだろうけど、物価が高いので一人暮らしするにはある程度まとまった収入がないと生きていけないもの。正直、都会でもその水準の収入を得られるだけの仕事があるわけじゃない。しかも最低限の収入で老後のための貯蓄なんて無理だし。
去年 契約社員に上がれてやっと貯蓄に回せるだけの余裕が出来たけど、老後の生活の頼りになるほど貯められるわけじゃない。せいぜい年に1回の旅行とか、年に数回好きな万年筆を買っていいよ、ってなことに使えるくらいだよ。

そう考えると、今まで払った年金は自分が受け取るつもりであれば無駄にしかならない。払うのバカバカしい、って思ってる人の気持ちはすごくよくわかる。わたしも同感。
だけど、自分が受け取ることはすっぱり諦めて、両親と祖母のために払ってると思って、働いている間は年金をちゃんと払おうと思う。
でも自分のためには年金は最初から考えるのはやめよう。祖母と両親を見送ったら、もういいや。それまでなんとか生きられるように細々仕事を繋いで、貯蓄は一応できるところまで。

・・・もしかしたら両親より先に死んでしまうかもしれん。って真面目に思う。
そしたら最大の親不孝だなあ〜(_ _*)・・・シュン


なんて悲観的なことも考えてしまったりする今日この頃ですが、暗い気持ちで生きてるわけじゃないです。
いま自分が出来ることを誠実にやっていくしか道はないですからね。分かれ道に立った時、自分にできる最善の選択をしていけるように今が大切です。スキルアップの機会を与えてくれた方々へ感謝の気持ちを持って、もっと自分を生かしていける環境にしていく努力を忘れないように。
posted by USA at 22:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

それいゆ計画**CDソフトケース化


急にお掃除がしたくなって、先週から大量のCDをソフトケースに移す作業をしていました。
このたび300枚がめでたく終了。DVDもまだ残っていますが、これはお盆の作業としたいと思います。ゴミがえらいことになってまして・・。
CD用に購入した無印のポリプロピレンストッカー9杯分が、なんと3杯で余ってます。すごいです。ソフトカバー。
DVDの整理が終わったら、テレビボードの引き戸部分に全部一緒に収納する予定。

で、ここまできたらデータもちゃんとしておこうと思いまして、CDのタイトルなどを書きだしているのですが、パガニーニのCDがなくなっていることに気づきました。
クラシックCDを人に貸し出したことはないので、絶対に家のどこかにあるはずなのです。でも見つからず。もしかしたらコンポを処分した時に中に入ってたのかなあ・・。確認したつもりだったけど、そうかもしれないと思うと軽くショック。
今回何が一番苦労したかと言うと中華CD。規格がバラバラな上にオマケ等がついているので、本当に整理しにくくて困りものでした。結構貴重な物もあったけど、思いきってディスク以外の物は処分。スッキリした〜

ここ5年は新しいCDを買ってません。その間、持っているものを繰り返し聴いていましたが、好きな音楽はいつまで聴いていても好きなので、増やさなくてもまったく問題なかったです。
通勤時にiPodで聴いているのはほとんど趙薇(ヴィッキー・チャオ)か王菲(フェイ・ウォン)で、家で聴く時は歌の入っていない音楽です。
いま気に入っているのが中国の古典楽器。表現力が豊かで独特の世界観に溢れた面白さがあります。
いただいた物が2枚と上海で買ってきたものが2枚。何度聴いても新鮮なのですが、もっと他にも聴きたいなあ〜(日本で購入すると高い・・)
スペースが空くとまだ増やしても大丈夫、とか思ってしまうのが危険です。
DVDは武侠物は実家にあるので、ほとんど持ってないに等しい50枚くらい。増やさないぞ。
問題は本です。買わないようにしているので増えていませんが、持っている本のほとんどが中〜高時代に厳選して購入してきた物なので捨てられません。大人になって増えた本というと金庸くらいかな。(←それが多いのだが…)
綺麗に保管してきたつもりですが、すでに古本の風格がかなり見られます。カバーがかなり汚くなっているので、かけ替えよう。それからリストを作ってCD、DVDと共に管理したいなあ。

なにをキーにして管理するかが思案どころで、ここでしくじると意味がありません。特にCDは300枚もあるので・・・これが頭の痛い問題です。。なんでこんなに集まっちゃったんだろう。
そんな悩みもまた楽しい、わたしのそれいゆ計画はまだまだ続く。
posted by USA at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

整理整頓するのが好きな場所

今年に入ってから、なるべく玄関や鏡台のところにお花を飾っています。
ピンクが好きなのもあるのですが8割方ピンクの花。5月はカーネーションがたくさん出ていて可愛いなあとつい買ってしまいました。
鏡台には邪魔にならないように一輪だけ。
和風(完全なる和ではない)が好きなので鏡台まわりもそんな感じ。生活感がある空間がやっぱいい。
うちは古いのでとても埃がたまりやすいのが悩み。
鏡台まわりもあまり物を出さないように・・と心がけているものの、どうしても出しっぱなしになってしまうものが出てきます。
そういう時は、必ず蓋つきのものに入れるようにというマイルール。
この缶の中には、カウンターに行くと必ず貰える(春夏はホワイトロジスト、秋冬はリポソーム)サンプルを入れています。缶はアルビオンで貰ったもの。
スキンコンディショナーのパックが7枚も入ってたの。太っ腹すぎるおまけ!

これまた生活感あふれまくりで晒すのもアレなのですが^^;
インクはこのように収納しております。
壊れてしまったソーイングボックスなのですが、取っ手と蓋がついていてクッション性があるのでボトル類を入れていても安心感があるのです。これ以上増えないように・・・という自分への戒めも込めています。

モンブラン:ロイヤルブルー、ブラック
ペリカン:ロイヤルブルー
セーラー:匂菫
プラチナ:ブルーブラック
パイロット:ブルー
エルバン:ヴィオレパンセ、アンティークブーケ
カランダッシュ:グランドキャニオン、カリビアンシー、サンセット
アブラクサス:すみれ
ウォーターマン:ブルーブラック(ヨーロッパタイプカートリッジ)
スティピュラ:グリーン(ヨーロッパタイプカートリッジ)
パイロット:ブルー(おまけカートリッジ)

ボトルインク全部で12本。持ちすぎだよなぁ・・・と思いつつ、反省はまったくしておりません。全部好きだし全部使っているから!
カランダッシュのインクは、高額だけどすごく良い色で淡い色味でも使いやすくて、実はアマゾンとかストームも欲しいなあ〜と夢見ていたりして。
posted by USA at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

戯言

みなさんゴールデンウィーク楽しんでいらっしゃいますか?
わたしは普段できないところのお掃除をやっていました。毎年ゴールデンウィークはほとんど引きこもりで過ごします。人ごみが苦手なのと、お天気が良いことが多いのでお掃除や衣替えなんかにうってつけなんですよね。

今日は図書館に予約していた本の引き取りもあって、近くの百貨店までお散歩がてら外出しました。
高槻には西武百貨店と松坂屋があるのですが、どちらかというと西武の方が賑わっています。わたしも西武をメインに通っているわけですが、店作りが少しカジュアル路線ということもあり、いくつかのジャンルでは松坂屋の方が良かったりするんです。
たとえば万年筆などは、(高槻においては)松坂屋でしか手に入らない消耗品が多く、丸善の品物も置いてあって、しかもお客が少ないのでじっくりゆっくり楽しめます。
今日行ってみると季節が過ぎた一筆箋などが半額以下になっていて思わずまとめ買い。480円が120円になってたら買っちゃいますよね!あと革小物も現品限りの半額になっていて、ちょっと欲しいなあと思ったり(でも我慢した!)。

そのままハシゴで西武百貨店に寄り、乳液と化粧水を購入しようとコスメデコルテに立ち寄ったのですが「13日からプラスポイントが始まりますよー」と案内されたので出なおすことに。バースデープレゼントだけ受け取るのも何なのでコインマスクを購入しておきました。
近ごろ肌がやたら乾燥して皮剥けが酷いので朝晩必ずローションマスクをしています。
コスメデコルテのは14個入り500円で、コットンを使用しているのでとても伸びが良く顔にピッタリ張り付いて使いやすいのです。でも毎日2つ使っていたら1週間しか持ちません。それでドラッグストアで安い物を購入してみたんです。
3種類ほど使ってみましたが、どれもダメ。顔のサイズに全然合わない・・大きすぎて切りこみで調節しても目鼻口の位置が合わないのです。パルプだから仕方がないけど、臭い・伸びない・剥がれるの三重苦。100円くらいしか違わないのならコスメデコルテにした方がストレスがないなと思い、まとめ買いしときました。

そのあと本屋さんに寄って「ステキ文具」というムック本を購入。付録でかっ!本体薄っっ!!でも中身は充実してて楽しかったな。やっぱりカラフルな文具ってウキウキしちゃいます。学校時代、授業中に手紙をまわしたりしてたのとかね・・思い出しちゃいます。折り方こだわってたなあ(笑)
千代紙とかにお手紙書いたりしてましたよ。毎日会ってる友だちなのにおかしなもんですよね。

今月はお誕生月なので、万年筆を1本購入しようかなあーと考えていたのですが、欲しいと思うものはたくさんあるけれど決め手に欠けて絞れそうにないので、今は特に買わなくてもいいかな。
今年のちょっと大きなお買い物計画のうち、お財布は購入済。夏ごろにガスコンロを買いたいです。ものすごく生活臭アリアリだな^^;

さてとー!借りてきた本読むぞぉ〜〜!! (明日は仕事なので軽いものからネ^^)
posted by USA at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

世界選手権雑感-女子シングル

村上選手はちょっとふっくらしたのかな?若さ溢れて観てるとこっちまでフレッシュな気分になりますな。今しか出せない空気だと思うから、たくさん吸収してもっともっと大きな選手になってもらいたいなー。将来が本当に楽しみな選手です。

浅田選手、ほんと今出来る精一杯っていうのがヒシヒシ伝わってきた。あまりにも痩せすぎてびっくりしたよ。背中の骨が・・・・ほんとにどーしたんだ。そのせいなのか演技の途中、パワー不足なところが見えて世界の舞台の中でちょっとおとなしすぎたと思う。
曲や振付は彼女にピッタリだと思うしファンもそういう浅田選手を見たかったと思うので、とても良い選曲だと思うの。だけど今期の充実ぶりが半端ない安藤選手や、自信満々のキム選手に押されちゃってる。そんな中での彼女の努力と気持ちの強さを感じる演技は大したものだけど、なんか痛々しくて辛かった。絶対泣きごと言わないもんね。ホント強い選手だと思うから、次のシーズンには気力満点の彼女に会いたいです。

レオノワ選手大好きだーーー。なんか元気溌剌なロシア娘ってイメージからちょっと雰囲気変わった。でも彼女の持ち味はよく出てたし客席を乗せるのが本当に上手い。自国開催になったことで地元の応援もすごく力になったんだろうな。今回はショートもフリーも本当に良かった。素晴らしかったよ。放送席のスルツカヤ見て、なんか・・・ロシア復活ばんざーーーーぃ!って思っちゃったよ。おかえりロシア!!

コストナー選手はホント綺麗ね。特に今日のフリーのドビュッシーよく合ってた。華やかで美しくてフィギュアはスケーティングの美しさが絶対必要だって思わせてくれる。この伸びやかさと優雅さはちょっと他の選手にはない良さだと思うなあ。

キム選手はなんていうか、全体が硬いんだなあ。棒みたい。
彼女も安定している選手だし間違いなくトップ選手。だけど他の選手とアホみたいに点差が開くほど突出しているほどではないと思う。だから試合見てると白けちゃって感情移入できなくなるんだな。ある意味、可哀想だと思ったりする。
今回のプログラムはどちらも可もなく不可もなくな感じで、心に残るものがなかったのが残念。彼女がシニアに上がってきたばかりの頃の方が面白みがあったなー・・。
すごく自信家な人だと思うけど、それって弱い自分をコントロールするためのパフォーマンスなのかなあと思うこともある。
だってまだ二十歳よ?もし本当にあんな鉄壁みたいな精神の持ち主だとしたら、ちょっと気持ち悪い。色んな思いに揺れて当然だと思うもの。
ただ、そういう弱い面も受け止めて演技に生かしてくるタイプの選手ではないなーとは思う。(←こっちは日本人選手に多い気がする)
それが演技にも出ていて、彼女のスケートは感情の波が少なく単調になりがちなのかなあ。。弱さとか儚さとか、そしてその中からにじみ出てくる強さみたいなものが感じられず深みがない。今回のジゼルを見てストーリー性のある楽曲よりも007のようなエンターテインメント的な曲の方が彼女に合ってると思ったので、やはりショービジネスの方が光るんじゃないかな。ジゼルは難しいんよ。ほんと。

反面、安藤選手は貫禄だった。本当に今期は圧巻の成績だったし、実際他の選手とは比べ物にならないぐらい安心感を持って見られたと思う。
調子が良くない時でもこの安定感を保てるなんて本当に難しいことだと思うし、以前の彼女のことを考えたらビックリする成長っぷり。まさしく女王にふさわしい選手になったなと思います。
特に今期のショート好きだなあ。こんな曲も滑れるようになったんだねぇ。特に人の心に訴える強さと自分の世界に引き込む力はずば抜けて良いと思う。テクニックを十分に生かした彼女にしかできない演技。これが本当の表現力というものだと思うよ。世界選手権金メダル、本当に本当におめでとう。


今の日本は素晴らしい充実ぶりで、日本もロシア、アメリカに並べる実力国になってきたんやなあーって嬉しくなります。世界大会で男女共に3枠ってホントに夢のような時代です。
ただシングルばかり注目されてるけど、ペアやアイスダンスも強くならないと強豪国にはなれないので、まだまだ発展途上。
次の時代の女子フィギュアはやはりロシア、アメリカの時代になるなあ。そこにどう食い込むか!!いやあー楽しいっっ

ただ中継はNHKがいいな・・。フジテレビは普段でも好きじゃないけど、フィギュア中継はホントやめてほしい。やるならアナウンサー無しでお願いしたい。変なキャッチコピーとか何の意味があるの。イライラする。
あと解説も、厳しいこともちゃんと言える人にやってほしいなー。なんか甘すぎる。昔はこんなんやったっけなー。。
フィギュアじゃないけどローザンヌの解説の人とか毒舌すぎて度肝抜かれたけど、あれがめっちゃ勉強になったし演技の見方もわかるようになって面白かった。思えばあの解説の人のおかげでバレエが好きになった。
まあ、民放はそんな意識ないだろうから望む方がバカらしいのかもしれない。。やっぱりNHKはそういうところ良いなって思うんよね。
posted by USA at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

大人になる春

p-558.jpg

気がつけば4月も残り1週間になってました。
日々忙しいに追われているのは本意ではないのだけど、でも今は目の前の色々から逃げるわけにいかないので、もうちょっとの辛抱だと思って頑張る。
でもね!ちゃんとお花見には行きましたよー*^^* しかも今年は2回も行った! 写真もいっぱい撮った!いやあ〜生き返りました。

昨年から色々在庫生活と銘打って、お買い物せず持っている物の中で楽しくやっていこうと工夫しているのですが、それでも多少はお買い物していたりします。
前からずっと欲しかった無水鍋を数か月前に購入したのですが、使いこなせるほどお料理に時間を取れずとうとう春になってしまいましたよ。。ゴールデンウィークは無水鍋とガッツリ向き合って修行したいです。
それで、久しぶりにたまりにたまっていた雑誌や新聞の切り抜きをレシピノートに書き写したり、美容ノートや家計簿を見直してデータの分析をしたり。
我ながらホントに地味な性格だなと思いつつ、そんなことがストレス解消にもなっていたりするんですね。
データ収集や分析が好きな性格なので、持ち物をリスト化したり分類したり、そういうことをやってると楽しくて仕方がない^^;
仕事でも同じことやってるんだけど、あちらは基本的に興味のないデータなので正直つまらん。でも他の仕事よりは熱心になれるので、自分から立候補してやらせてもらったりしてます。自分で自分を忙しくしてるという気がとてもしますが、それが仕事中の気分転換になっていたりするので、わたしにとっては必要なことなのかなとも感じてます。


わたしは基本的には社会生活にはあまり向いていないタイプだと自己分析してます。
人に合わせるのが苦手でみんなと同じ行動が出来ないし、すぐに自分の意見を言ってしまって相手の話を聞くのが苦手。一人の方が気楽で好き。他人は他人、自分は自分、って思ってきました。
でも最近少し考えることも多くなってきて、そういう自分を殺さずに、でも自分を取り巻く周りの人たちとの関係を保つ方法、距離の取り方がわかってきたように思います。同時に周囲への感謝の気持ちを持てるようになってきました。
それは、自分を支えてくれる人たちの温かさにも気づけるだけの人生経験を積んできたからなのかもしれません。また、時代が個人主義の流れになって他人に干渉しない空気になってきたことも大きな関係があるのかなとも思います。
以前なら自分が周囲に迷惑をかけなければ良いと思っていたところがあるのだけど、今は社会のために自分がどんな役割を果たせるのかな?と考えるようになりました。20代の頃よりも無理をせずに生きられるようになったし、それから素直になったと思う。
どうやら、ようやくわたしも大人の仲間入りを果たせそうです。
posted by USA at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

ストレス解消あれこれ

昨日は生まれて初めてマッサージに行ってきました。この1か月の疲れが溜まり体中が凝りに凝って痛くて仕方がなく、きぃちゃんに泣きついたのでした^^;
70分間全身コースで受けたのですが、全然足りないです。少し楽になったけど、たぶんまたすぐに痛くなるんだろうな。

で、昨日は1日中梅田のど真ん中だけをウロウロしてお買い物してきました。
MAC:ブラシクリーナー、チーク
フランスフェア:チーズ (試食してつい衝動買い・笑)
キャトルセゾン:リバティトレイ
アヴェダ:パドルブラシ (お店の雰囲気に撃沈‥)
ジュリーク:クレンジングミルク
マツキヨ:ボディデリ ボディーソープ

・・・意外と買ってないですね。もっとお買い物する気満々だったのですが、実際にお店に行くと何が欲しかったかド忘れすることだらけで^^;
しかもMACなんて貯まってる松坂屋ポイントでお買い物する気だったのに、しっかりお支払いしてしまってて、夜ご飯食べてる時に思い出す始末。ほんとダメダメです。

ジュリークのクレンジングミルクは、最初クラランスに行くつもりでいたのに通りがかりに良い香りだったため引き寄せられてそのまま購入しちゃったという、もはやよく吟味しようというポリシーも何もあったもんじゃない。
もともとジュリークはちょっと気になっていたブランドだし、水で伸ばして使うそうで、お風呂場でお気楽に使えるのも決め手だったりしました。いま使っているシスレーのクレンジングミルクはヒリヒリするのでもうリピートはしないです。

この日の買い忘れ&気になるアイテムは、また後日見に行きたいと思います。

[備忘録]
NARS:アイシャドウプライマー
クラランス:日焼け止め、ふき取り化粧水
genten:長財布


少し前からストレス解消にチマチマと片付けしているのですが、その一環として一番ゴチャゴチャしている押し入れに手をつけてしまいました。いまはまだ途中段階なのですけど、夏前までには何とか形にしたいです。
それから近頃の腰の痛みに耐えられなくなり、鏡台まわりをイス使用に変えました。と言っても我が家にイスはないので、和室に合うものを色々検討しましてこのたびラタンチェアを投入。
鏡台、小引出しに続き、これまたオークションで格安に調達できました。再び1円落札&大阪の方から落札で送料も激安という超ラッキーな出会いです。
これからクッションとか鏡台まわりの布小物などなど、考えることがたくさんですが、仕事が忙しい中での小さな楽しみなります*^^* 全体を公開できるレベルになったらブログに載せたいです。
もう少し時間が取れるようになったら、お台所の改造も考えたいな。
posted by USA at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする