2006年10月18日

スイートビターな感じよ。

掛け合い部分がさぁ、北京語なんだよ。
東雲さんちで紹介されてた視聴のサイトでは美麗的地方しか聞き取れなかったの。
何言ってるんだろう…と思ったら、やるねぇ、、、もう。さすが(笑)

(我的世界 一個美麗的地方/wo de shi jie yi ge mei li de di fang)
(我心的快樂 我的朋友/wo xin de kuai le wo de peng you)
(毎人的天空多有陽光/mei ren de tian kong duo you yang guang)
(我有 be there)←ここ自信なし。

すんません。私のつたない聞き取り能力ではこれが限界ですが、たぶんこう言ってます。
英語の歌詞を中国語にして掛け合ってるんですね。
隊長は中国語理解力がまだまだひよっ子の隊員のために、易しい中国語を使ってくれたようです。

あぁ、もう本当にうっとりだわぁ。あまりに素敵過ぎて腰砕けそう(笑)
posted by USA at 22:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

当たりました…

すっかり忘れきっていました。
アジアンクロッシングさんのアンケートに答えたら、隊長のポストカードブックが当たってしまいました。わーい♪
私がレスリー熱にやられてるのにヤキモチ焼いてくれたのだろうか…。
台北コンサートのときの写真みたいですね。アリガトウゴジャイマス。

今日は何したかと言いますと…
きぃちゃんにレスリー盤(レスリーの色々をDVDにまとめたモノ)を渡すため、難波まで。(なんで難波なんだとか言わない) つまり新天地へGOGOでした。
在庫切れした切り絵を買いだめ。
それからランチして上海灘でまたもMVまみれ。
レスリーはもちろんのこと今日はTWINSを重点的に…。だって私たちは大阪TWINS。
いつしか私→ジリアン、きぃちゃん→シャーリーンの役目に相成りました。
私がひまわりの種担当。きぃちゃんはお茶フーフー係。(なんの話かわからん人、TWINSのMV“イ尓最紅”を見てくれ)

ただいま王菲がジリジリときぃちゃんのブームになりつつあるので、王菲モノを何か考えよう♪
いいよねー。王菲。フェイ友達がいないのでとても嬉しい。

そして帰りに文房具屋さんを巡り…途中通りかかった「三番街シネマ」にデカデカと『ウィンター・ソング』の看板!
ここでやるのね〜〜〜周迅〜!!!!
早速、前売り券購入です。おまけはストラップでした。うーん・・・ポストカードがよかったなぁ。チラシも無事入手。まずは第一ミッション完了です。
チケットの裏を見ますと公開予定の映画館が記載してあります。
札幌も二箇所あるよー!東雲さん良かったね〜!
公開は11月11日から、と書いてありましたが前売券を売ってくれたお姉さんは「未定です」と言っていた。
どっちが本当なんでしょうか…。ま、今年最後の映画部はこの「如果・愛」になるでしょう。たぶん。
posted by USA at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

待ってたのよ、、私、日本版を。

正式にソニーサイトで発表されたリリース情報ではないので、最初からなかったものだと思うことは…やっぱちょっと寂しいですよね。
台湾盤は一回だけ見ましたが特にクオリティに問題を感じませんでしたし、それでも全然いいんですけど…私にとっては「字幕〜〜〜〜〜」なんですよね。。。
日本の特典映像を期待していたわけでは決して…(内心ちょっと期待してたけど・笑)
日本版の発売しなくなっても問題ないんですよね。輸入版として安く手にはいるんですもん。
それなら字幕を中・英・日と用意していただければ、どこどこ版とかややこしくなくていいのになぁ。

今年は日本でリーホンに会えた。新しいアルバムも良かった。日本語の曲もあった。写真集も出て、念願のミュージッククリップ集も、台北コンサートもDVDでリリース。主演の映画まで公開中ときた。
そりゃ中華圏みたいに色々なイベントはないけど、それでもキレイな装丁の写真集が手に出来るのは日本だからだし、「真昼ノ星空」の良さを意識せずに体感できるのも日本人だから。
中華圏のファンから見れば「いいな、日本人」って思われたこともあったかもしれない。
これ以上を望むと、次は一体どんな贅沢を言い出すかわかりません。デートくらいしてくれないと気がすまないかも。
なので今はしっかりいい映画を作っていただいて、早く新しい音楽作りに取り掛かってほしいなぁ。
もちろんゆっくりお休み取ってくれてもいいです。
プライベートも充実してこそいいもんが作れると思うので。ホンマよう働きはったと思うもん。

発売中止、というからには中止なんでしょう…。
もちろん日本版でなくてOKですので、過去のミュージック・ビデオをDVDにまとめてください。お願いします。(ここでお願いしても仕方がないが)
posted by USA at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

なるほど〜「愛情攻略」聞きました

“愛情攻略”
CMの曲かぁ。あのCMカッコよかったんだよね、、、東雲さんに教えてもらってみたんだけど、見るたびにドキドキしてまうねん(笑)
王力宏作ではないのだけど「不可思議」路線のR&B色前面曲。
なんだか久々にお会いした感覚になるのは、最近の私が隊長以外を追いかけているからなのか?それとも久しぶりのストレート路線だからなのか?

“FINALLY”
これは王力宏作。この人は基本的にメロディーメーカーなんだなぁ、、とつくづく感じる。
「映画の曲を作りたい」って何回か言ってるのを目にしましたけど、こんな感じの曲が入るのかなぁ。なんて想像させますね。
ドラマティック路線で盛り上げどこをバーンと上げてきます。しかもメロディーも声も甘い(笑) ラブソングの王道だと思います。

“想愛”
デュエット曲。ほほぅ。
覚えやすい流れで、二人の声が重なったときの隊長に包容力がある。あまり聞けなかったタイプかなぁ。これまたストレートです。

以上3曲、隊長絡み。
他の曲もザッと聞いただけなんですけど、“FINALLY”のインストゥルメンタルが好きですね〜。この中で一番お気に入り、なのに短いの…。サントラなんだし、歌は入ってなくてもいいんだ、私。
“INTRO”がね、ちょっと「ニュー・シネマ・パラダイス」の途中に入る感じでツボなの。
歌が入ってるのは、、ラップとか元々あんまり好きじゃないのでちょっとツライ。
女の人の歌も入ってるんだけど、ソロで歌ってる人は声が…好みとは違うのでやっぱりちょっとツライ。デュエットしてる女の人の声はまあまあかなぁ。
ということで、トータル私のリピート度としてはちょっと低めかも。。。
隊長の歌は好きだけども、、、ちと物足りん。
隊長の曲は山アリ谷アリな構成が好きなので、もっといっぱい聴かせてくれなくちゃ落ち着かんデス。

…これはゲームのサントラなんだよね?確か。ゲームの中で歌が流れるの?
以前、王菲の“Eyes On Me”が聞けるのか?と思ってゲームを買ったけど、死ぬのが怖くてゲームできない人間だってこと忘れてた(笑)
よって未だにインストールして名前つけただけで止まってるという…。
ちなみに、主人公の名前は[ゆうひ]なので、いよいよ死なせられない(笑) ヒロインの名前はもちろん[だん]。
posted by USA at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

おおきに〜

昨日のラジオ、隊長ってば可愛すぎるわよぅ。
コンサートに来てくれてありがとね。すっごく嬉しかったヨ。おおきに〜。
って言ってました。
他にも喋ってたけどナイショ…ってウソウソ。
中国語だったので全部聞き取れなくって…mp3に変換してから毎日聴こう♪
時報もまだ全部訳せてないのに、どんどん教材だけ溜まっていきますが、隊長の話してること知りたいので頑張るわ。
レスリーのこととか、番組でかかった曲のこととか、一人でくっちゃべってるものをちゃんとまとめて近いうちに記事にしますのでしばしお待ちくだされ。
posted by USA at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

FM COCOLOきいてちょ

工房のトップページでも告知されていますが、F2A vol.14にて王力宏特集が組まれております。
で、F2Aさんのホームページでは、取材こぼれ話が読めますよ。
ちょっとのエピソードだけど王力宏らしくていいヤツだなぁ、、と。(思わずヤツ呼ばわりしてしまった。。。隊長すまん!)

そして。
9/1放送のFM COCOLOでは「真昼ノ星空」関西公開を控え、メッセージがあるようです。おぉぉ、聴かなくちゃ!
残念ながら視聴は関西のみです。関西の方、きいてちょ(って名古屋の番組で隊長も言ってたね〜。可愛かった)
posted by USA at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

次があるさ

北海道イベントへの出演がなくなりショックな方も多いかと思います。(もちろん私もそのうちの1人です)
日本で会うことはなかなかできないだけに本当に残念ですよね。

現在東京で「真昼ノ星空」が公開されていますが、今後各地での上映も計画されております。発表になっていない場所でも水面下では上映予定の話が出ているところだって。
今回は日本映画ですし、働きかければみなさんの近くスクリーンへ王力宏は来てくれるかもしれません。
お客さんの声はとっても大切です。映画を見た後のアンケート用紙や映画館サイトのリクエストメールは侮れません。
日本のファンがどれほど今回のイベントを楽しみにしていたか、伝えることだって一つの応援方法ですよね。
行くつもりだった人も行けない人も、みんなが嬉しいと思ってたし楽しみにしてたと思う。
映画の感想だって普段の彼は音楽を中心に活動しているので新鮮だと思う。
そんな気持ちを王力宏への手紙にしたためるのもよろし、メールを送るのもよろし。
王力宏が覚えている日本語で一生懸命私たちに伝えようとしてくれたように、私たちも知っている単語に一生懸命な気持ちを込めればいい。
コミュニケーションってそういうものだと思う。

1つがダメになってもまた別の方法で、日本から王力宏を応援する気持ちは色々な形で表すことが出来ると思うので、数日間凹んだ後は気持ちをチェンジ。
王力宏が日本に行きたい、と思ったときに活動できる場を作るのはファンの存在だと思います。実際に動いているのは製作側だけど、そのベースを支えていくのは私たちに間違いない。
だからいつでも「王力宏が来てくれるのを楽しみにしてるんだよ」って気持ちを表しておくことはすごく大切だと思うんですよね。
それは全然難しいことでもなく、自分がいる場所で自分の出来る範囲で、出来ることだと思う。こうやってブログに書いておくことも、その1つだと思うから。
posted by USA at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

・・・虎だった

昨日ソニーから流れて来たF4メールで知った「エンタな台湾最新事情〜熱!流行の仕掛人たち〜」
隊長は出なさそうだけど、見てみるべと。しかし、やっぱり台湾のエンタメですからね。隊長もちょっとくらいは流れます。流れましたが、一瞬の隊長ったら。。
虎さんだったよ。虎さん・・・昨日のチャットで虎話したからか?
やっぱり虎キャップ買わなくちゃいけないだろうか…。ピンクなら…でも私のキャラじゃないの。。。東雲さんの潜入レポを待つべきか。
でも何か可愛かったわね。虎虎な隊長。。。(結局、何でもいいってことだな)

ちょっとだけちゃいちゃい喋ってて、ちょっとだけジェイも喋ってました。
ねーねー。ジェイ、ブラックジャック先生やってみる気ない?普通に違和感なく似合うと思うんだけど。。
posted by USA at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

忘れてはいけない

「王力宏工房」BBSにて、とても貴重な意見を聞くことができました。
日ごろ忘れてしまいがちな大切な問題です。
このように問題意識を持って発言される方の存在はとても大切です。
これはその意見を出してくださった方への返信だったのですが、特に個人だけの問題ではなく、自分自身に対しても決して忘れてはいけない大切なことだと思うので記しておきたいと思います。

続きを読む
posted by USA at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

だから好きなんだってば

今日は、二ヶ月ぶりにきぃちゃんと会いましてご飯食べてきました(笑)
実に大阪コンサート以来・・・いつものことだけど遊ぶときは集中して会うくせに、会わないとなると半年とか平気で連絡なしだったりする。こんな感じでもう10年経ちました。
8/3〜6の北海道計画とは名ばかりの、ただ食べて喋るだけの打ち合わせでした。結局、神戸いつ行くんだよー。
まだ残っていたSHINBIを買ってきましたので、お散歩がてら練習もしつつ北海道に備えます。。

さて。ここ数日、なかなかパソコンに向かえない(というか正しくは文章を書いていられない)状態でした。そこで更新してきたのは過去に書いた記事なわけです。
でも日々考えることは山のようにあるわけで。そんな中から一つ。
以前このような記事も書きましたが、隊長のサイトに先日受賞した台湾金曲奬(台湾のレコード大賞のようなもの)のスピーチについて本人からの補足・・・というかコメントというか、掲載されていました。
私はこれを読んで感動しましたね。
「ああ、この人はやっぱり私の思ったとおり、努力の人なんだなぁ」って。
原文で読んでいても隊長の思いが伝わってきます。本心から出る言葉だからシンプルな言葉に力が込もってるんだって思います。
そして私が感じていたことが彼自身の言葉で語られ、何ていうか…もうね感動で胸がいっぱいでした。ちゃんと私の中に隊長の思いが伝わってたってことを確信できたっていうか。

誰でも自分のコンプレックスと向き合ってて、そこをどう立ち向かうかっていう姿勢がね、大事なんですよね。わかっちゃいるけど、簡単にいかないの。いつも葛藤して七転八倒して頭打って…そうやってでも自分に「もっと、もっと」って。
すごくしんどい事けど、それしか自分に恥ずかしくない自分になれない。誰かに対してではなくて、自分に対して逃げ道を作るような生き方はしたくない。自分だけは自分を裏切らないし、とことん誠実になれると思うから。
隊長が自分のことについて、あんなふうに正直に語ってくれて私はすごく勇気付けられました。
負けてられないわ。
人生のライバルとして尊敬する同世代のリーダーとして、いつも元気付けてくれる隊長に、私は何も返せないけど、こうやって思ってるファンがいるんだよ〜って伝えられたら嬉しいって思う。
苦手だけど英語の手紙、書き続けます。
posted by USA at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

毒吐きとボヤキ

隊長本当によかったね。
受賞ニュースがいっぱいで全くついていけてませんが(ついていく気もなくなる)、
なにやら隊長発言が物議を醸し出しているとか。
だいたいさ、中国語が母国語ではない人が言ったことに対していちいち細かいねん。 隊長の日々の態度や考え方を見てたらわかるでしょーが。
それに「外国」と表現したこと自体、彼が「自分は中華民族だ」という意識を持ってる証拠でしょ? そんな人がなんで自分のルーツを侮辱するのさ。
彼の音を聴けば言葉はなくてもそれは感じるものだけどね。
彼の視野が中華圏から世界に向いてるってこと。そのチャレンジを続けてるってこと。
目先のことばかりつつくのが好きな人ってどこにでもいるものだけど、その方々こそ、まったくこんなバカバカしいことで隊長や隊長の音楽を侮辱するのはやめてくれ。

表現者に感性が必要なのは当然として、受け側に本質を見る目や感受性といった部分も必要で、その文化や土壌がどのくらい成熟しているかっていう判断基準になるよなぁ・・・と思った出来事でした。
そういった相乗効果で芸術や文化っていうものは洗練されていくと思うんですよね。

とまぁ、私の毒吐きはここまでにして。

モバイルになったとたん更新ペースがた落ちしてます。。書きたいことは山のようにあるのに、画面が小さいだけでこんなにやる気が失せてしまうとは…。
視力がよい事だけが自慢だったのに最近とても疲れ目です(笑)このまま視力が落ちていくんじゃないかとやや不安。
雑誌などでも隊長のインタビューなどが読めるようですが、ほとんどは未チェック。字を読むのがツライなんて悲しい事実を突きつけられショックを隠せません(笑)
posted by USA at 18:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

いっぱい、いっぱい

昨日、今日と隊長が続出で(笑)ついてくのに必死です。
ひとまず昨日は、金曲奬ですか。おめでとうございます!
受賞の瞬間、隊長ファンのみんなとチャット中でした。
私はメインPCがあんな状況ですので見られなかったんですけど、みんなが実況してくれたおかげで、いい瞬間を共有できました。
本当に嬉しくて泣けてきたよ…。
賞を獲ることがすべてではないけど、何ていうか、賞っていうのは色んな意味を持ってますから受賞できるチャンスがあるだけでなく、実際に受賞するってことはどれだけ価値のあることか。

今日は張早起きしてCNN「Talk Asia」の英語放送を録画してたんですけど…これがね。あと2分っていうところでやっぱり落ちてしまったメインマシン。
昨日の吹き替えはバッチリ撮れていただけに撃沈です。最後の「thank you」が…(涙)
英語放送が本狙いだったのよぅ〜。ばかばかっ!
CMカットできひんからパソコンで録画してたのにぃぃぃぃ。こんなんやったら最初からDVDデッキ使っとけばよかった。だからコピーワンスはキライやねん…
今日の夜と明日の朝に再チャレンジだな。

今日のMTVは最初からDVDにしとこ。
posted by USA at 07:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

僕はワルにならなくちゃ…

先日放送された「C-POP World」の中でリーホンのトーク部分。
「子どもの頃6年間新聞配達してたんだ」発言。
私もやってたよー!(私は6年もやってないけど…)
配達時間にうるさいじぃさんの話、わかりすぎる。うんうん、私も苦労した。
新聞配達の苦労は日米共通だということがわかりました(笑)
で、更に司会の男の子から「熟女に誘われなかった?」質問。
すかさず隊長は「アメリカン・パイみたいに?」と返していた。
うわぁ、さすがね。すぐにこの映画が出てくるとは…。
私は見たことないのですが、うっすらと内容くらいは知ってる。(中身的にちょっと)見る気にならなかったのです。。何しろB級学園コメディーって感じで「こんなおバカ映画」と思った記憶が…。(香港系に慣れてきて少しくらい下品なのは大丈夫になってきたと思うので、今なら見られる、だろうか…)
この話は隊長発言そっちのけで次に移ったんですけど、いいのか?ゲストだぞ?この番組自体、数々の隊長発言をスルーして勝手に進んでいってます(笑)
「アメリカン・パイ」も「キス・ミー・ケイト」も知らない人は知らないもんね。
ってか、ここで突っ込もうや。隊長の「ワル」の部分を何とかして見つけようとしてるんならさ。(別に「アメリカン・パイ」がワルな一面ってわけでもないけど・笑)
台湾的ワルの見本とか言ってバイクの乗り方とか教えてもらってたけど、「アメリカでは自転車が多いよ」って〜。しかも「今(台湾的ワルの)練習してるんだ」って(笑)
だーかーらー、それが可愛いんだってば。マジメに答えすぎ。ゲストなのに聞き役だし。アカンって〜

「キス・ミー・ケイト」について説明するときに「吻我[口巴]娜娜」の原作だよ、って言ってました。
で、これを調べてみたら張雨生という人の名前が…。この間見たチュンちゃんの映像の後ろに映し出されてた人だ。。
「吻我[口巴]娜娜」は彼が劇中音楽を担当したミュージカルらしい。ほほぅ。(タイトルもキスミーと同じだもんね。ケイトかナナさんかの違いなだけで)
あと、冒頭で司会の男の子が隊長のモノマネしてたんだけど爆笑。これから「Julia」をまともに見られなくなる〜(笑)

話題によっては話も弾みそうだけど、基本的に隊長はとてもシャイな男子だということがわかりました。
私は彼から王子って印象をあまり受けたことないのですけど(アメリカン・カジュアルな雰囲気だから)、ますます普通の男の子だなぁ…と感じてしまいました。(この人が普通って基準も甚だレベル高すぎる気もしますが)
そして思いました。人の良さは隠し切れません。ワルはキャラじゃないから、そのままでいてください。
posted by USA at 14:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

インタビュー目白押しですな

wulongさんに教えてもらいました。
CNN Talk Asia トーク・アジア
隊長のインタビューが放送されるそうです。CNNjでは二ヶ国語放送。
放送は
6/10(土) : 23:00
6/11(日) : 06:30, 22:00
6/12(月) : 06:30

…たぶん合ってると思うけど。私の言うことを鵜呑みにしないで、自分の目で確かめて判断してくださいね。
画像のお洋服は、先日行われた香港での時計イベントと同じに見えます。
日本での横シマシマはやめて、縦シマシマに路線変更の模様。
中国語だけでなく英語もできない私に、毎度毎度、新しい課題を出してくれる優しい隊長。
ありがとう。嬉しいよ(涙)
がんばるね。
ガンバレヨ

+++++

その他の情報もここにまとめておきます。

「真昼ノ星空」公式サイトにて予告編が配信されています。劇場版予告です。
Sony Music Online 王力宏ページにてインタビューのロングバージョン、期間限定で公開中
posted by USA at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

「花田錯」を勝手に解釈

MTV Asia Music Awards でめでたく大賞を受賞した隊長。
あらためまして、おめでとうございます!
「花田錯」を一度訳しましたが(こちら)、この曲を聞くと胸が痛くなります。
あまりにも切ないのでなので月英になったつもりで返歌を書いたほど。
情緒的でロマンティック。さすがはオトメ隊長、曲もMVも切ないです(笑)

花田というのは、桜の咲き乱れる場所。
そこにお花見に行った月英は、良縁を求めておみくじを引きます。
「良縁には恵まれるがその道は険しい」
この結果に意気消沈してしまう。
そこで出会ったのが書生の卞済。彼女は彼に恋をするんですね。(その先のお話はこちら)

続きを読む
posted by USA at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

おめでとう!

I know.
You would live life through with love and music from your heart for you and us.
Spring is here. It is in your music.

At the sound of your voice heaven opens.
It is portals to your music world.
Always with your songs and love in my heart.
To you love and happiness.
Happy birthday Leehom!!!

USA

続きを読む
posted by USA at 00:00| Comment(12) | TrackBack(2) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

本格的に日本進出を狙う!

p-198.jpg
J 「なぁーなぁー、リーホンってさ大阪でもライブしたやん?」
L 「うん」
J 「どうやった?」
L 「どうって?」
J 「いや、だからさ、僕もいけるか・・・」
L 「うーん、どうだろ。難しいと思うなぁ。大阪だけじゃなくて他もレベル高いし」
J 「そーかー。うーん・・・」
L 「自信ないの?一緒にやる?」
J 「ほんと?一緒にやってくれんの?」
L 「うん・・・実は僕も一人は自信なくてさぁ」

続きを読む
posted by USA at 18:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

あぁぁぁ、なんだよもう、これ〜〜〜

可愛い、、、隊長可愛すぎ。

ソニーさん、今日も実のあるお知らせをありがとう。贅沢言ってすみませんが、できればこの調子でコンサートのDVDを発売していただけないものでしょうか?
台北のじゃなくて、日本のが見たいです。

AOLの隊長特集ページにてインタビュー受けてます。メッセージ動画も見られます。(やっぱりシマシマのシャツ・笑)

■ラジオ出演もあるのね。・・・って短波じゃん。
  ラジオNIKKEI「21世紀の台湾と日本11」〜公衆衛生・台湾と日本の交流〜
  5月16日(火)22:30〜24:30
  再放送)5月21日(日)21:00〜23:00
ネットラジオだと時間外じゃん〜。リアルで聞けないのかぁ〜。
オンデマンドで聴けます、ってことは後日アップ?でもこの番組の過去の回、聴けないけど???
短波ってBSとかCSでもやってなかったっけ?うーーーん、、、ラジオ聴かないからわからん。ちょっと調べます。
短波が聴けるラジオをお持ちの方はぜひ〜♪
けど、渋い番組に出るよね…隊長ってば。これってエンタメ系の番組と違うでしょ?
posted by USA at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

隊長のインタビューが見られるよ♪

これまでソニーから送られてきたメールの中で、一番嬉しいお知らせでした。
ということで、只今スタッフブログ王力宏(ワン・リーホン)からのショートメッセージ動画が見られます。
隊長は英語も中国語もゆっくり喋ってくれるので、聞き取りやすくてありがたいです。
あんまりにも可愛いからさ、思わずパソコン画面をガシガシゆすりながら、
「トンデモナイ!コッチコソ、アリガトウゴジャイマシタ」
って返しちゃった。(←ホントに)
ホントにこの人、楽器弾いてた人と同じ人か?と思うくらい、表情変わるよね。
やんちゃロックな隊長も好きだけど、私はピアノ弾きながら歌ってる隊長が色っぽくて好きだよ。色っぽい路線これからも期待しちょりますんでヨロシク。

>動画インタビューロングバージョンも現在公開準備中です。そちらもお楽しみに!

はいっ!楽しみにしています!!良い子にして待ってます!!!
毎日毎日働き者の隊長のニュースを目にしてるものだから、私もヘタってられん。頑張りますわんりーほん。(あぁ・・・きぃちゃんと東雲さんのテンションがうつってきた…汗)
posted by USA at 19:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

オリジナリティって何?

台湾の音楽界の賞で、いわゆる大衆受けする流行の音楽ではなく、芸術?の面で評価されるらしい賞に2005年度、王力宏は選ばれなかったと。

音楽にしろ映画にしろ文学にしろ、いわゆる賞レースっていうものにあまり感心がない、と言ったら語弊がありますけど、正直言ってしまうと、自分の純粋な感想がこれによって左右されてしまう気がして、実はあまり好きではありません。
どんな前提であろうと、人の目、感情が選ぶ賞に公平なんてあり得ないでしょう。
だから、私はその作品を好きな人たちが自分の中でそれを育てていけばいいと思ってるし、小さな作品であろうと心を込められているものには命があるって思ってる。
一個人にとって特別な作品は、大きな賞にも匹敵する素晴らしい魅力があるものだと、思うんですね。
勿論、人の注目が集まる賞にも大きな意味があることは事実です。それによって更にたくさんの人たちに知ってもらえるチャンスになる。
賞を獲る作品にはそれだけの魅力があることもよくわかります。だから、ちゃんと存在する意味があるものであることも。
つまり私が言いたいことは、賞に左右されるような自分になりたくない!っちゅうことですわ。
ま、大体自分がアレコレ言えるほどの人間じゃないんだけど。

で、今回なんでこんなことを書いたかっていうと。続きを読む
posted by USA at 23:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 王力宏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。